シュートで意識すべきこと

どうも、めったなことは書いちゃいけないなぁとちょっと思っています、リーダーです。シュートはうつものではなくて決めるもの。いじられて恥ずかしかったです。シャイボーイなので勘弁してください。まぁでもこれからもめったなこと書きますけど。いや、いつも滅多ではないけどね。

私はたぶんそこらへんの人よりはシュート動作について考えてきてると思いますが、考えて考えて考えて考えて、そして到達した結論は「シュート動作なんでどうでもいい」ってことです。「良い動作」はあると思う。でも、シュート動作を意識してるうちはシュートは入るようにはならないです。

動作は意識しちゃいけない。動作を意識するからボールがずれるんです。シュートで大切なのは動作じゃないです。一番大切なのはボールが良い軌道を描いて飛んでいきリングに吸い込まれるということです。シュートで意識しなきゃいけないのはそこです。

動作を意識していると、動作がおかしくなったときにボールが大きくずれてしまいます。体の調子が悪いときなんかは、かなり大きな影響を与える。それが、ボールの動きを意識することで多少動作がおかしくなってもボールの動きに大きな影響は与えなくなる。人間の体は超高性能なので、多少体の調子が悪いときでもボールの動きに体がアジャストしようとしてくれる。だから大きくズレることが少なくなります。

今日はマジ大事なこと書きました。これ以上は無料では出せないな(笑)

まーちゃん、新しいの出たよ↓
バスケ筋2

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ