ストップジャンプシュートと股関節

股関節がかたい人はドリブルからのストップジャンプシュートがうまくできない。ストップのための足が前に出てこないから。

ストップ動作

この画像は右手でワンドリブルしてストップする場面だけど、このときの左足の出し方ができないんだよね。詳しい説明は省略するけど。

べんぞうさんはよくワンドリブルからストップシュートをうつ。動きには年季が感じられるし(笑)、洗練されている印象があるんだけど、もっとよくすることができる。

ドリブルからストップ動作をするときに必ず体が横を向いてしまう(横を向く角度が大きい)。これは横を向かないとその方向に足が出ないからなんだよね。ドリブルをついたときにオフェンスの体が横を向いている(リングのほうを向いていない)と、ディフェンスは後ろに下がらなくなる。だからシュートのときにかなり近いところまでブロックがとんでくる。

もし、体が正面を向いたまま足を横に出してストップ動作をすることができれば、ワンドリブルしたときにディフェンスが下がる。ブロックが届かなくなる。「横」ではなくて「前」にドライブしてストップシュートということができるようになる。

そしたら得意のジャンプシュートがもっといきるようになると思う。動きにスピードも出てくるから、今よりもシュートチャンスが増えるだろうね。最近は股関節に意識を向けているようだから、そのうち改善されてくかもしれないな。

とうげの場合は、ストライドストップからのジャンプシュートが極端に少ない。ストライドストップらしきストップをしているときも、かなり小さい歩幅のストップしかしていない。上の画像のように、足を交差するように出してストップするという動作がほとんど見られない。

だから、鋭くドライブして鋭く止まってシュートというプレーができない。鋭くドライブしたときは止まるためにワンクッション必要になるので、後ろ向きに止まってターンシュートみたいなのが多くなる。もともとスピードはあるんだから、急ストップができるようになればかなりプレーの質が高まるはず。

ストレッチはやっても意味ないからやらなくてもいい。それよりも自分が苦手な動作を「ゆっくり」「何度も繰り返し」練習するほうが効果的。足の出し方とか体の向きとか、腰の角度とか、そういう細かいところまで意識して練習してみて。より大きな動きをを意識しながら。やってるうちに股関節の可動域も改善されてくると思う。

股関節がよく動くっていうのは本当に大事なことなんだよね。気づいていない人も多いし、見た目にはほんのわずかな差なんだけど、こういうところが勝負を決めていることが多いわけですよ。だからいろいろ研究していかなきゃいけないなぁと思う。

まーちゃんなんかは偉いよね。すでにあれだけ動けるのに、身体操作にすごく興味を持って貪欲に情報を求めている。昨日も私がノーブリーさんに足の動きについて話してたときに、しっかり聞いてたもんな。あとイズミもよくこっそり聞いてる(笑)そういう姿勢って大切かもね。こっそりじゃなくて直接聞いてほしいけど。

スポンサーリンク

2 Responses to “ストップジャンプシュートと股関節”

  1. Rocco より:

    自分が選手ならやらないです。1対1からのジャンプシュートは、かなり能力なければ入りません・・・。打つことなら自分でもできます。
    まず、ワンドリブルでDFを抜くことは不可能だと思います。
    抜いたとしても、DFを後方に置いて打つ方が凄いプレッシャー感じますよ。
    いつブロックされるかわからない状態ですよ・・・。
    ってことは、シュート地点までどれだけ早くボールを持ってきて打てるかが勝負なのでは?
    股関節良い線いってます!あと一つは、腕の振りですかね。
    垂直跳びは、腕を振り上げておもいっきり飛びますよね?
    その原理を利用して?意識するだけでも、大分変わりますよ。
    上手いヤツほど全身を使ってる感じがします。
    それでも、打てたところで確率は相当落ちますよ・・・。
    なので、自分の場合は時間のない時だけやります。
    できれば、ドリブルがないことが理想だと思います。
    いかにノーマーク・DFを遅らせてもらうかの方が大事なのでは?

  2. リーダー より:

    >Roccoさん

    私の考えを書いてみたいと思います。

    >1対1からのジャンプシュートは、かなり能力なければ入りません・・・。

    私は能力というよりも技術だと考えています。たくさん練習すれば入るようになりますよ。

    >まず、ワンドリブルでDFを抜くことは不可能だと思います。

    ワンドリブルでディフェンスを抜くことは可能です。が、ストップジャンプシュートは別にディフェンスを抜かなくてもいいです。むしろ無理に抜こうとしないほうがいい。この記事の写真のような状況になれば抜かなくてもノーマークでうてているのと同じです。

    >抜いたとしても、DFを後方に置いて打つ方が凄いプレッシャー感じますよ。

    この感覚はとてもよくわかります。ディフェンスを抜いたのに後ろからブロックされてしまうような場合は、ジャンプの前に無駄な動作が入っていることが多いです。だからブロックが間に合ってしまう。

    完全にディフェンスのタイミングずらすことができて、鋭いストップジャンプシュートができると後ろからでも横からでも前からでもブロックは間に合いません。シュートがうてるタイミングはほんの一瞬ですが、そのわずかな隙を狙ってシュートをうつのがストップジャンプシュートという技術です。

    そして、後ろでも前でも、近くにディフェンスがいるというのはシュートに関係ないです。相手はタイミングがずらされて反応が遅れている状態ですから。タイミングをずらすことができたら、あとはリングに集中するだけです。

    >ってことは、シュート地点までどれだけ早くボールを持ってきて打てるかが勝負なのでは?

    どれだけ早くリリースできるかってことでしょうか。私もそう思います。

    >垂直跳びは、腕を振り上げておもいっきり飛びますよね?

    ジャンプに腕のふりを使うのは確かにそうなのですが、ジャンプシュートには高いジャンプは必要ありません。思い切り跳ぼうとすると体が力んでしまって鋭いストップ&ジャンプができません。おまけにそういうジャンプは空中でいらないタメを作ってしまいがちなので、ブロックが間に合います。結果的に高いジャンプになるのはかまいませんが、高いジャンプをしよう!という意識はすばやい動作にとって「邪魔」です。高く跳ぼうと力めば力むほど、強く床を蹴ればけるほど、体は床から離れにくくなってしまいます。

    >上手いヤツほど全身を使ってる感じがします。

    これは私もそのとおりだと思います。でも、そういう人たちは「全身を使おう」と考えながら動いているわけではないんですよね。意識してそうなっているのではない。特定部位を意識すればするほど、体の連動は途切れてまとまりの無い動きになってしまいます。

    >それでも、打てたところで確率は相当落ちますよ・・・。

    もちろん、パスを受けてシュートをうつ場合に比べて難しいシュートになると思います。しかし、それが入るようになったら大きな武器になると思いませんか?

    >いかにノーマーク・DFを遅らせてもらうかの方が大事なのでは?

    1対1の技術がある人がチームにいるなら、そういうのもありだと思います。ですが、そういうズレを自分でも作ることができるとしたらどうでしょう。プレーの幅がダントツに広がると思うんです。

    ストップジャンプシュートの動作はバスケットボールにおいて重要な技術がたくさん含まれています。練習する価値はあると思いますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ