一連の動き

日曜の練習でシュート練習をたくさんしたという記事を書きました。途中で休憩を入れて、必要な人はシュート練習をしろと言ったのですが、その時私は誰が練習して誰が練習していないのかさりげなく様子をうかがっていました。そして練習している人たちを見て「ちょっと足りないな」と思ったことがありました。

TBKさんとのLINE

練習している人たちは、立ち止まって、正面からシュートをうつという練習をしていました。でも対面シュートって、正面からのパスをキャッチすると同時に、リング方向へ体を向けながらストップしてシュートをうつわけです。本当ならその一連の動きを練習しなければいけなくて、その「動きの中でのシュート」の精度を高めなければいけなかったんですが、そういう練習している人はいなくて、みんな正面からシュートをうっていただけでした。

これだとなかなか結果にはつながらないのでは・・と思ったわけです。本番の動きと同じ動きで練習していても結果を出すくらい上達するのは大変なのに、本番とは違う動きで練習してしまっていたらいつ上達できるかわかりません。別の場面で使う動きをそのままやってみる、っていうのが基本です。細かく分解することはあったとしても、その段階はすぐに終了して、「一連の動き」で練習しなければいけません。

「一連の動き」というイメージで練習できるようになってくると、コートの上での対応力が一気に高まってくるのです。いつだったか「動きながらのシュートを練習した方がいい」みたいな記事を書いたような気がしますが、書いてないかもしれないですが、それも「一連の動き」でってことです。立ち止まってのシュートなんて、誰でも簡単に決められます。「動きながら」「動いている途中でストップしながら」シュートをうつから決めるのが大変なんです。そこを練習しなければいけないのです。

もし、立ち止まってのシュートが「簡単に決められる」と思えないなら、動きながら途中でストップしてシュートをうつ練習をしてみてください。それやってみれば立ち止まってのシュート練習が簡単だってことがわかります。

それにしても今日もけつが痛い。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ