味方の反応を見れば良いシュートかどうかわかる

どうも、リーダーです。良いシュートがうてているか、それはシュートをうった時の味方の選手の様子を見るとある程度判断できます。良いシュートがうてているときは、味方がオフェンスリバウンドやセーフティなどでそのシュートに「反応」できます。悪いシュートをうっているとそういった反応ができず、味方なのに意表をつかれた感じになります。

・・・そうです。今日は「シュートセレクション」の話です。

詳しく説明はしないので、練習動画で確認してください。自分がシュートをうっている時の他の味方の選手の動きを見てみましょう。自分のシュートに味方が反応できていないのなら、良くないタイミングでシュートをうっている可能性ありです。

シュートをうちたい!その気持ちはよくわかる。しかし自分がノーマークだからといって、シュートをうてばいいというものではなく、時には「シュートをうたない」という選択をしたほうがいい場面もあったりします。

こういうのは「周りへの気遣い」要素だと思うんですよ。そういうところまで考えられるかどうかで、やってるバスケのレベルもある程度わかる。やっぱレベルの高くない試合を見てるとこういうところが雑だし、レベルの高い試合を見てるとしっかりしてるんだよね。

自分にとってはたった1本のシュートでも、そのシュートはチームとしての攻撃回数の一回。そして攻撃回数は限られています(相手と同じだけしかありません)。

チームとしては限られた攻撃回数の中で「できるだけいい形」でシュートをうちたいわけです。それがそのタイミングの自分のシュートなのか。他の選択肢はなかったのか。という視点で動画を見るといろいろと気がつくことがあると思います。入っていても、良くないタイミングでシュートをうっていることは結構ありますよ。

いそっちのレイアップシュート

「自分がうてるタイミングだったら迷わずうったほうがいい」という人も一部いますが、大部分はそうじゃないので、自分の選択をもう一度見なおして、反省して、よりよい選択ができるようになっていきましょう。(狙うタイミングだけじゃなくて、シュート動作とかも関係してくるから、そういうところも考えてみましょう)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ