アベッチのジャンプが変わってきた

どうも、リーダーです。最近アベッチのジャンプに変化が見られます。最高到達点はそれほど高くなってはいないですが、滞空時間が伸びました。空中で我慢できています。これはたぶんウエイトの成果ですね。

空中で我慢できるようになるとジャンプシュートの成功率が高まります。空中で我慢できるってことは、空中で静止する時間が作れるってことです(動作が静止するというよりは、ボールの動きが静止することのほうが重要かも)。

ほんの僅かな時間ですが、その静止する時間があるのとないのとではジャンプシュートの成功率にかなり違いが出てきます。シュートのうまい人は空中でしっかり形を作って、ピッとうってないですか?一方シュートが微妙な人は空中でふにゃっと動いてますよね。

何人かに教えた「肘の固定」なんかもこれに関連しています。一瞬固定する時間が確保できるとシュートは格段に安定します。あとは単純に「長い時間リングを見れるようになる」というメリットもあります。

アベッチの今のシュートだとこの恩恵があまり受けられないような気もします。今度シュートを教えることにしよう。覚えていたら。忘れてたら「教えてください!」って言いに来て。

アベッチのゴール下シュート

今日は練習無しですよ。

スポンサーリンク

2 Responses to “アベッチのジャンプが変わってきた”

  1. エビ より:

    俺もまた3Pのシュートフォームをリーダーに見てもらいたいので、次回の練習の時に、気が向いたら見てください!

    今日練習ないのはマジで残念だ……………。

    • リーダー より:

      今のシュートはなかなか良い感じだよ。
      もうちょっと素早くうてるようになったら最高だ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ