タガシュートの肘

ワラさんがコメントに書いてくれたので、ワンハンドシュートをうつときの「肘」について書いてみます。

トマのシュート

先日の練習中、タガのフリースローを見てワラさんが「肘が変な方向むいてる」と指摘していました。確認してみると、たしかにタガのシュートは構えたときに肘が外側を向いています。一般的には「肘は外側に開かない」ようにしてシュートをうてと言われていますから、それからはかけ離れたシュートの形です。これはあまりよろしくない。

「肘を外側に開かないようにしてシュートをうつ」というのは私も正解だと思います。ではなぜ、肘を外側に開いてはいけないのか・・?

「ボールをまっすぐ飛ばすため」

たぶんほとんどの人はそういう認識だと思います。だけど私の考えはちょっと違います。

確かに「ボールをまっすぐ飛ばす」という要素はあるかもしれません。しかしですね、肘を開いていてもボールをまっすぐ飛ばすこと自体は可能です。やってみればわかります。肘を開いた状態からでもリングの方向に飛ばそうとすれば、リングに向かってボールは飛んでいきます。だから「まっすぐ飛ばすこと」に直接的には影響していないと思うんです。(もちろん間接的には影響していて、そっちが「真の理由」だと思うけど、それがわかっている人は誰もいない!)

「肘を外側に開いたら、肘から先が外側に動くからボールもそっちのほうに飛んでくでしょ」

と思うかもしれませんが、それは「肘を固定した場合」にそうなるのであって、シュート動作では肘は固定されません。実際は肘を固定してうっている人もたくさんいますが、それはあまり良くない動作ですね。肘を固定すると動く部位が限定され、またボールの移動も遠回りになります。今回は詳しくは説明しませんが、そういうのは「全身の連動」が崩れている動作なわけです。肘は固定されずに動くのがより自然な動きです。

では、話を戻して、なぜ肘を外側に開いてはいけないのか・・肘を開いてはいけない真の理由とは・・・うーん、ここまで書いておいてなんですが、続きを書きたくなくなってしまいました。書くかどうかは明日までに決めようかな。コメントがたくさんついたら書く・・・かもしれません(笑)

スポンサーリンク

5 Responses to “タガシュートの肘”

  1. NOぶりー@マイペースで行こう より:

    力の伝達の効率が悪いとか、ボールの回転がかからないとか?
    そんなんしか思い浮かばない…

    だいたいこういう理由は違うんだろうな。

  2. かっぱえびせん より:

    俺も「シュート打つとき肘が開いている」側の住人かもしれません。ただ、冷蔵庫TGよりは開いてないな、確実に!!(笑)

    リーダー・・・残念なお知らせが。こういう時に限ってコメント数は少ないもんだ。だからリーダーが記事の続きを書くのは無理かも(笑)

  3. トラベリング冷蔵庫TG より:

    肘が開く張本人TGです(;`皿´)

    ボールを上げるのに無駄な力がかかる感じですかね!

  4. HISA より:

    この続きは、CMの後で、、、、、

    (^_^;)

    うーん

    肘がリングに向いていれば、

    真っ直ぐに直線的な動作でシュートできるので、

    方向づけが容易な感じがします!

    力の伝達効率も良いと思います!

    (^-^)v

  5. OTKの先輩です! より:

    二度程練習に参加させていただいたOTKの地元の先輩の者です!
    その節はありがとうございましたm(_ _)m
    大変楽しかったです!
    そして、実はブログも毎日楽しみにしている読者でもあります!

    これからも熱いブログ楽しみにしてます!
    この記事の続きもお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ