上半身と下半身がバラバラのシュート

この間いつものように練習動画をチェックしていたら一つ気がついた。セットシュートをうつときに下半身の伸び上がりが早過ぎるとシュートが安定しない。上半身がボールをセットしきる前に下半身が動き出したりすると、シュートがぶれやすくなる。

上半身と下半身がバラバラだっていうのはきっとこういうことを言うんだね。初めて実感をともなった理解ができた。

シューティングの様子

下半身の伸び上がりが早くなってしまうのは、例えばディフェンスにプレッシャーをかけられて早くシュートをうちたくなってしまうときなど。だいたいが焦ってシュートするとき。セットする前に下半身の伸び上がりが始まっているから、体が伸び上がっている途中でセットをすることになる。動いている土台の上にセットするわけだから当然セットが難しくなって、きちんと「はまらない」ことが多くなる。

「きちんとはまらない」と胴体(肩など)の力がボールに伝わらなくなる。その結果腕だけでリリースする、または腕の力に頼る部分が大きくなることになり、シュートがぶれる(腕は非力だから腕に頼ったシュートはぶれやすい)。いや、力が伝わらないっていうよりは、肩があんまり働かなくなるのかも。土台が動いてて支えが無くなてるから、肩が大きな力を発揮することが発揮できない。水を蹴っても反動が返ってこないことに似ている。

これは見ている人にもわかることで、上半身と下半身の動きが合っていないと「このシュートは落ちるな」と判断できる。べんぞうさんやじょーなんかはこの判断がうまいように思う。よくリリース動作を見て判断している。

じょーのシュートはなんであんなに入るのか。あいつはどんなにプレッシャーをかけられても、上半身と下半身がバラバラになることがないんだ。みんなが「焦ってシュートをうつ」ような場面でも我慢していつも通りの動作をしている。だからブロックされることも多いんだよね。プレッシャーをかけられてもいつもどおりのシュート動作(リズム)を崩さない。あれは見習ったほうがいいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ