シュートの前段階で調整している

チノさんのコメントに対する返信。

最近ミドルからスリーはピって一定の力を入れて打てますが、ジャンプシュートはピって打つと飛びすぎます。なのでとくに台形付近のジャンプシュートはふにゃっとしたリリースになりがちです。力の調整が下手っぴということでしょうけど、近い距離もアーチを意識すればいいんでしょうか?

シュートってその場でコントロールする部分もあるんですが、シュートをうつまえにコントロールを終えている部分もあるんです。「この位置ならこの感じでシュートをうつ」みたいな感覚です。そういう感覚にしたがってあらかじめ準備をしておくと、近い距離でもビッとシュートをうつことができると思います。

動作やアーチで距離をコントロールするのはそうなんですが、動作やアーチはあとからついてくるもので、まずは自分の中に「動きのイメージ」をつくることが大切です。例えば「台形付近ならバンクシュートでシュートを決める」みたいなイメージができていれば、そこでシュートするときに体は勝手にそういうふうに動いてくれます。でもイメージができてなくて、その場(空中)で選択したり調整したりすることになると、なかなかうまくいかないです。

ひとつ前の段階で、シュートを決め終えるまでの一連の動きのイメージができていることが重要。ドリブルでドライブしていくなら、そこで止まってシュートを決めるまでのイメージができている必要があります。「相手を抜くまで」ではなくて、「シュートをうつまで」でもなくて、「シュートを決めるまで(シュートが入るまで)」のイメージです。

チノジャンプシュート

自分のことを考えると、そのイメージが弱いときは確率の低い変なシュートをしてしまっています。例えばディフェンスを抜くことばかりに意識を集中させていてシュートのイメージが弱くなると、ディフェンスを抜いたあとのシュートがうまくいかないことが多いです。シュートを決めることが目的であるべきなのに、ディフェンスを抜くことが目的になってしまっている感じ。そうなるとダメですね。

あとは今まであまり経験していないタイミングでパスが来たり、あまりプレーしたことのないポジションでシュートをうつときなんかも、イメージができていないからうまくシュートがうてないことが多いです。そういうときに「イメージができていなかったな」「こういうときはこういうシュートをうたなきゃいけないな」と反省して、イメージを作るようにしています。この積み重ねでシュートのバリエーションが増えていくんじゃないでしょうか。

やべー、これはまたいいこと書いたな。なんでこんなに毎回いいことが書けるんだろう。どうにかしてくれ、エビ!

スポンサーリンク

2 Responses to “シュートの前段階で調整している”

  1. エビ より:

    瀬倉さんがなぜ良いことを書けるかというと・・・天才だからです!!まぁ良いことが書けるかどうかは置いといて、瀬倉さんの天才ぶりが発揮されている理由は、引き立て役のエビがいるからっすよ!!アホがいるから天才はより一層目立てるんすよ。つまり、俺がいて瀬倉さんという存在が成り立つのでは??????????(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ