体の移動と距離のコントロール

得点能力を高めたいのなら、体が移動している状態からストップしてシュートをうつという練習をたくさんしたほうがいい。その場にとどまっている状態でシュートをうつという練習をしている人が多いけど、それだけだとあまりシュートが上手にならない。動きをともなうシュートで練習しないと、試合でいきてくるだけのシュート力が身につかない。

ドリブルからのストップジャンプシュートはとくにたくさん練習した方がいい。ディフェンスを抜くのではなくて、抜く動作でディフェンスのバランスを崩して、そのすきにジャンプシュート。試合では抜いてもでかいヘルプがいるからあんまりレイアップできない。

そして、スリーポイントシュートの確率を上げたいなら、ペイントエリアの中とか、ペイントエリアの外~スリーポイントラインの内側とか、そういう「中途半端な位置」のシュート練習をたくさんしたほういい。飛距離をコントロールしながらシュートをうつという練習ができる。特にスリーポイントを感覚だけでうっている人は、練習することをおすすめする。感覚だけのシュートではなく、コントロールしたシュートでなければ確率は上がってこない。

べんぞう&リーダーシュート

やっぱシュートが上手じゃないとなかなかうまくプレーできないわ。

スポンサーリンク

One Response to “体の移動と距離のコントロール”

  1. チノ より:

    最近ミドルからスリーはピって一定の力を入れて打てますが、ジャンプシュートはピって打つと飛びすぎます。

    なのでとくに台形付近のジャンプシュートはふにゃっとしたリリースになりがちです。

    力の調整が下手っぴということでしょうけど、近い距離もアーチを意識すればいいんでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ