菅平のシュート

今日は菅平のシュートフォーム。菅平もノーブリーさんと同じくほぼ素人選手。あいつの場合は自分がかっこ良くプレーしていると思っているだろうから、きっと自分の中のイメージとはかけ離れていることでしょう(笑)

スポンサーリンク










10

11

12

13

5→7
キャッチしてから体が沈んでいるが、これはなくしたほうがいい。
(この動作が大きすぎる)
このステップでミートするんなら、はじめから低い姿勢でミートして、キャッチ後は上にジャンプするだけにしなければいけない。
菅平の場合は、このステップでのキャッチ以外でも、この沈み込みが見られる。
(スリーポイントなんかは特に)
だからディフェンスに反応されるんです。

スポンサーリンク

9→13
フォロースルーは上向きなのが良いと思います。
腕の伸ばし方がよくない。
前に動かすのではなくて、上にのばすようにする。
何度も教えたじゃないか。

野球をやっていたからか、意外と腕力は強い。
だからこの動作でもシュートが届いてしまうんだと思うけど、
後ろから前に腕を動かすよりも、上に伸ばすように腕を動かしたほうが、より少ない力でシュートをうつことができるはず。そしたら力みが取れて、コントロールもできるようになる。

みんな、いろいろつっこんであげましょう。

スポンサーリンク

3 Responses to “菅平のシュート”

  1. ノーブリー より:

    ボールキャッチした時目をつぶってる・・・笑
    右ひじの位置が低すぎるのではないでしょうか?
    あと、私と同様必ずボールが下がりますね。
    意外と空中姿勢が安定してるように見えますが・・・
    (でもなんか着地がいやに後ろ重心ですね)
    人の振り見て我が振り直そう・・・

  2. admin より:

    >右ひじの位置が低すぎるのではないでしょうか?
    私もたぶんこのくらいです。高すぎると肩の力が使えません。
    たしかに着地はよくないな。やっぱり真っ直ぐ上にとんで、まっすぐ下に着地するのがいいです。

  3. ニセムラカワ より:

    3と4では重心が高めなのが気になりました。
    5と6では重心が後ろによりすぎてると思います。もう少し足の軸と腰上の軸をそろえてもいいような気がします。7から9では真っすぐ上へ飛べていていいと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ