スケボーやってこけた

このあいだ生まれて初めてスケートボードというものをやりました。できる人に教えてもらいながら1時間くらい練習したんですが、やはりその程度の練習では満足にすべれるようにはならず。でもこの練習がなかなか楽しくて、バスケ的にもいい練習になったなぁと思います。

最初はかなり怖かったです。硬いアスファルトの上でコロコロ転がる不安定な板の上にのる。コケたら怪我する可能性が高い。ビビって腰が引ける。腰が引けると重心が後ろにいきすぎる。するとスルッと後ろ側にこけてしまって危険。

アイススケートをやったときのことを思い出しました。あのときも、びびって後重心になっていると後ろ側に転けそうになってしまうので危なかったです。慣れて前に重心を持っていけてから滑れるようになりました。

腰が引けて後ろ重心になっているとうまくいかない・・バスケと一緒です。板にズンッと衝撃をかけるような乗り方をすると、それがミスったときにツルッといってしまうので、体で衝撃を吸収しながらソフトに乗るっていうのが基本。床を優しく丁寧に踏んで動くあの感覚と同じ。さらにこいでから板に乗って足の向きを入れ替える時は、足が板に張り付いてしまっているとうまくいかない。床に足が張り付いてしまっていると動けない、あの感覚。バスケとの共通点は多く、また不安定な土台の上で動くので、体を上手に使わないとできないことが多くて、1回こけてケツがしばらく痛かったけど、そういうところが未熟な私にとってはとてもよい練習ができました。

マツのスリー

何か新しいことに挑戦するときは、だいたいいつもバスケとの共通点を探しながらやることが多いですが、共通点ってほぼ必ず見つかります(スポーツじゃなくてもなんにでも見つけられます)。なぜなら、使っている道具は違やルールは違っても、その道具を使うのは自分の体だし、ルールにそって動くのは自分自身だからです。どんなスポーツや競技であっても、突き詰めていくと結局「自分の体をどれだけ操作できるか」というところに行き着くんですよね。

だからいろんなことをやって、いろんな体の動かし方を練習して、自分の思い通りに体が動かせるようになっておくといいんです。ホントは子供のときのそういうことをやってこれていたらよかったんだと思いますが、大人になってからでもやれば効果はあるというか、やらないよりはやったほうが絶対にいいので、いろんなことが練習できるといいなと思います。ホーネットではミトあたりはそういうことやると効果絶大だと思うよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ