床を踏む力

まだ一週間たっていないのにもう芽が出てきました!
ネギの芽

昨日は新しく女子が来てくれました。今年は女子チームを結成してリーグ戦に参加するホーネット。もともと人数が少ないので貴重なメンバー増加です。ありがたや。

昨日も非常に疲れる練習でした。途中で気がついたのは床を踏む力が弱いということ。踏む力が弱いから「力が発揮される」状態にならない。体重が落ちきっていないのかな。わざと接触したりしていたら若干改善されました。筋トレをやったあとに動きのキレが良くなるのは、たぶん床を踏む力が強くなっているからですね。間違いない。

タイガとマッチアップした時に床の捉えのゆるさを実感しました。タイガはビタッと止まることができるところで、私はグニャッと止まってしまい、次の動き出しが遅れます。そういうタイミングをタイガは逃しません。簡単に抜かれてしまいます。

ビタッと止まろうと足に力を入れると足が動かなくなる。しかも動き出す前の姿勢の維持にも力を使ってしまうので、めちゃくちゃ疲れてしまう。こういうのも「床を踏む力」をどうにかすることで改善できそうです。

前はタイガの動きについていけなくて「どうすればいいんだろう」と落ち込むだけでしたが、今はこうしてみたほうが良さそうだと考えることができるようになりました。「何もわからない」と「わかる」って、当たり前だけど全然違う。勉強あるのみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ