すぐ疲れる原因はいろいろ

すぐに疲れて動けなくなってしまう原因はいろいろあります。肺がうまく機能していない。部分的にしか使えていない場合があるそうです。体がうまく動かせていない。ブレーキをかけながら動いている場合、動くべき筋肉が動いていない場合などがあります。単純に慣れていない。初めてやることは疲れます。

ミトのジャンプシュート

私の場合はブレーキをかけながら動いていることと、動くべき筋肉が動いていないことが問題になることが多いです。内転筋群に力が入らなくなっていることが多く、それが改善されると床を捉える精度が復活したりします。こういうのって人それぞれで違うと思うので、自分自身で追求していくしかないです。

床の捉えが弱いといろいろなことがうまくいかなくなります。反応が鈍くなる(体も頭も)。周りが見えなくなる。パスが弱くなる。シュートが届かなくなる。ちょっと動くとすぐ疲れてしまう。床が滑る感じがする。床を強く踏めるようになるとこういうのも改善されます。

火曜の練習ではミトにコツを教えて、ゲーム中声をかけながら意識させてみました。ミトは素直なのでいつも言ったことをそのままやってくれます。予想通り、リング近くでの動きが見違えるようによくなりました。常にあの状態でプレイできるよう練習を積んでいきたいところ。

意識ややり方で動作がまるで違ってくる。そういうのも面白いところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ