体が鉛のように重い

わかる!共感した!コメントしたい!と思ったのですが、コメントにするとかなり長くなりそうだったのでこちらで書いて一記事分かせごうと思います。

さとみちゃんのキーン

火曜の練習後、陸さんが「今日が疲労のピークでした」と言っていました。私の場合、関節の痛みは月曜がピークでした(たくさん動いた次の日や、体の状態が良くてキレがある動きができていた次の日はこうなることも多い)。その痛みは火曜日には治っていたのですが、筋肉的な痛みは火曜日も残っていました。どちらかと言ったら火曜日のほうがより痛みを感じたかもしれません。月曜も痛かったと思うのですが、関節の痛みのほうを強く感じていたのであまり筋肉的な痛みは気になりませんでした。

体が鉛のように重いという表現にめちゃくちゃ共感できました。そういう言い回しは前から知っていたけど、自分の感覚と初めてつながって「あ、こーいう感じのことか!」と理解できました。筋肉が活動停止してるんじゃないかと想像しています。疲れてるから休ませてくれと。だから何気ない動きでも重さを感じてしまって、動きがとろくなる。火曜の練習動画見るとヤバイです。動このトロさが。いつも以上にヌルヌルした動きでした。あれでも速く動いてるつもりだったんですけどね。

キレのある動きができるときは体が軽く、体の力を抜いて動くことができるのですが、体が鉛のように重い日というのは逆に思いっきり力を入れないと動けません。そうしないと体が前に進まない、速く動かない気がするんです(これは気のせいかもしれないので、鉛のように重い日に力を抜いて動いてみる実験をしなければいけない)。そういう動きをするものだから、ちょっと動くだけで一気に疲れます。走るモチベーションもなかなか湧き上がってきません。

面白かったのが、練習後みんなでご飯を食べてから家に帰ると、なぜか体が軽く動く感じがしたことです。練習中はあんなに体が重かったのに。ガチガチに固まっていた体を無理やり動かしたのでほぐれたんだと思います。ほぐれたというより回復したということなのかもしれません。

と、不思議と「歳を取ったから回復が遅くなった」という発想にはならず、こんなことを考えていました。歳を取ったと思いたくないのか。でもこの間リングジャンプして届かなかった。結構ショックでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ