アイススケートで気づく

オープンしたばかりのアイスアリーナに行ってきました。アイススケートは幼いころ一回だけやった記憶がありますが、やった内容をほとんど覚えていないのであまり滑れなかったのだと思います。今回も氷に乗った瞬間は「これはヤバイ」という感じでしたが、恐る恐る氷の上を歩いているうちに徐々に慣れてきて、下手なりにある程度は滑れるようになりました。

イセのアンテナ

スケートは前足に乗り込んでいく動きです。後ろ足で強く蹴るだけの動きだとうまくいきません(いわゆる二軸動作的な体の使い方なのかもしれません)。この動きのおかげで、左足に全然乗り込めていないことに気が付くことができました。それに気づいてからは、左足を意識してやっているうちに徐々にのりこんでいけるようになりました。

また、重心が後ろに残ったままだと全然加速できません。普段かなりの後重心だということも自覚できました。重心を前に前にと移動させると加速もスムーズです。

体育館のフロアで動く時も、左足にしっかり乗り込んでいける感覚が残っていました。また、重心が前に出てくると走るときの加速も楽です。スケートはバスケの練習にもなる!やはり全てはバスケに通じている。幼い頃から色々な体の動かし方を経験していれば体を動かすのが上手になりそうです。バスケとか関係なしに普通に楽しいので暇なときは行ってみるといいかもしれません。

ちなみに手袋必須で施設の中でも売ってます。200円だったか。100均で買って行ってもいいと思いますが、近くのチャレンジャーのとこの100均で売ってる青いモフモフの手袋だけはやめたほうがいいです。新品なのに死ぬほど汗くさかったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ