2004年の試合動画

どうも、リーダーです。ケツの筋肉が全然動いていなかったようで、グリグリしながら動いてたらスッと足が軽くなりました。硬くなってると腰が引けてしまうようで、そうなると膝で体重を支えることになる感じです。だから膝が痛くなるのかもしれない。

2004年の五泉クラブ対工短の動画がYoutubeにありました。9年前。もしかして・・と思ったらやっぱりいました。ふっちゃ。高校を卒業してからは全然見てなかったので、非常に懐かしかったです。

NTECHJC 2004 vs 五泉クラブ【近県大会】

白の17番。改めて見るとやっぱりうまかったです。ミスが少なくて、ディフェンスも強い。リバウンドも跳べる、点も取れる。能力はあるのに決してワガママではない。堅実。献身的。監督にしてみれば、安心してコートに送り出すことができる選手です。揺れるフェイクのオリジナル。本物は何倍も速い。

工短は佐藤公威選手の年かな。4番がそうなんだろうか。体が細いです。かなり遠くからスリーポイントをうつ選手もいます。これがまたよく入る。動きも速いし、守りづらいなぁ・・。イセもこのくらいの距離からシュートがうてるようになったら、今のプレイでももっと活躍できるんじゃないだろうか。スペースが大きく使えるし。

イセvsOTK

スポンサーリンク

2 Responses to “2004年の試合動画”

  1. イセ より:

    工短の8番のシュートはテンポ変えずに打っている感じがします。9点目決めたときのスリーと18分38秒あたりで打ったスリーは、自分のリズムで打っているからこそ少し離れていても入るっていうふうに感じました。
    ホーネットではジョーがまさにそんなシュートを打ってますね。動画を見てても、同じ場面を繰り返し再生しているんじゃないかっていうくらい同じテンポ・フォームがブレないっていつも思います。
    タイガのシュートはチカラが抜けているというか、自然体で打っているように感じます。チカラが極度に入っていないからこそ、次の動きがスムーズに入るんだなと思います。

    先日の練習はリーダーに次の動きを予測しておけ!!と指導をいただきました。パスを出してただ動いているというのは自分でも感じています。幸いにもホーネットにはお手本になる方がたくさんいるので、他の人のプレイを見て「先を読むチカラ」を養っていけるように、また練習頑張ります!!

    • リーダー より:

      >イセ
      入ることよりも、まずあの距離でほとんど力まずにシュートが届くのがスゴイと思ったわ。

      反応的な動きだけじゃまた足ひねるだろうからな。頭使いながらプレイできるように練習していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ