イセのフニャフニャな足首

どうも、リーダーです。先日ヤマザキの鼻の骨にヒビが入って陥没するという事件が発生しましたが、その治療方法を聞いて鳥肌が立ちました。詳しくは書かないですが、涙と鼻血をダラダラ流しながらの治療だったそうです。・・・怪我には気をつけましょう。

昨日はイセが何も無いところで足をひねるという事件が発生しました。一部始終が動画に映っていたので何回も動画(0686の4:30)を見なおしたんですが、あの場面で足をひねる原理がわからず、コマ送りしたりコマ戻ししたりしていたら笑えてきました。ホント面白い。

イセが足をひねった瞬間

右足の着地までは普通。右足に完全に体重がのろうかという瞬間にグリッといっている。パスが来た瞬間に慌てて右上を持ち上げようとしていて、実際にももは持ち上がっているんだけど、その司令がつま先にまで届いていなくて、つま先はさっきまでの床を蹴ろうとする動きをそのまま続けている。だからひねるのかな。体重は右足に乗ろうとしている。右のももは持ち上がっている。だけどつま先は下方向に動いている。

足首は伸びきって(動画を見ると伸びきってはいないけど)つま先だけが床と接地している状態の足。右足を持ち上げたことでわざわざひねりやすい状態を作ってしまった。その足に体重が落ち続けているのでフニャフニャの足首はグリッといってしまった。のかもしれない。ももが持ち上がった時につま先も持ち上がっていれば、こうはならなかった。かもしれない。つま先を持ち上げるトレーニングをすると、ひねる頻度を減らせる。かもしれない。

スポンサーリンク

2 Responses to “イセのフニャフニャな足首”

  1. イセ より:

    上の画像見るだけでも足首の異常さを感じます(汗)
    グニャッとなった瞬間は全体重を乗せていたわけではなかったので、少し休んだら練習に参加できましたが…痛かった(泣)

    足首をグニャッとしないように気を付けていたんですが、気を付けるだけではダメですね。グニャッとしないようにするにはどうすればいいかを考えなければいけませんね。リーダーが書いてくれた「つま先をあげるトレーニング」・「意識」をしたいと思います!!

    • リーダー より:

      >イセ
      それだけじゃなくて、見ている方向から
      パスが飛んできたにもかかわらず
      咄嗟にキャッチの準備ができなくて
      足を力ませてしまったというのも原因の一つな気がする。
      あの状況ならパスもあるかもしれないと
      予測できていればひねらなかったな、きっと。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ