「足がよく動く」ってどういうこと?

どうも、リーダーです。「そもそも足がよく動くってどういうことなんだ」というコメントをいただいていたので、今回はそのことについて書いてみます。

足が軽く動く時と、足を動かすのがすごくきつい時っていうのがあります。もちろん「足が軽く動く」のが「足が良く動く」っていうことです。足が軽く動く時は足に力を入れなくても勝手に動いてくれるような感じがします。足を動かすのがすごくきつい時は頑張って足を動かさないと動けません。

と説明しても、これは実際にその感覚を体験したことがある人にしかどういうことなのかはわからないんです(多くの人が体験したことがあると思いますが、体験したことが無い人もいます)。教えるのが難しい理由がここにあります。「重たく動く」ことが当たり前になっている人は「軽く動く」ことがなかなかイメージできません。

私も足が良く動くという状態がどういう状態なのかは良くわかっていませんでした。しかし動きが速い人をよく観察すると自分とは違う動き方をしているようだということがわかり、なんとか同じ感じで動けないか試行錯誤を始めました。

自分でイメージできないことを練習してくわけです。自分の感覚はあてにできません。そのため外部からいろいろな情報をかき集め、得た情報を元に体を動かすということを繰り返してきました。そういうことをしているうちに新しい感覚に次々と出会っていき、そして「足が良く動く」という状態があることが実感できるようになりました。

自分がやってきたことを振り返ってみると、「足が軽く動く」状態を作るにはまずゆっくりの動作で足に力を入れずに動く練習をすることが必要だと思います。力を入れなくても体って動かせるんだという発見をすることがスタートです。

シュートと一緒です。力を入れなくてもボールって飛ぶんだということを発見するのがスタート。そこに到達するまでは、焦らず、ゆっくりと、正確に動作することを意識して、同じ動きを何度も練習します。その動きに慣れればそれだけで力は抜けてきます。それがきっかけになったりします。

人によっては動き方を根本的に変えなければいけないので、この試行錯誤には時間がかかります。しかも面倒くさいです。色々考えなければいけないので。しかしこういうことに取り組むことができるとプレイが大きく変化したりします。それが「上達」だと私は思っています。

と、こんな感じです。私にとって練習っていうのは、まだ出会っていない感覚を探してさまようなものです。今日もしっかりさまよってこようと思います。

あ、今週は金曜の石山中の練習が無いので注意してください。

いそっちに向かって腕を広げるOTKさん

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ