体のバラバラ感

どうも、リーダーです。最近思ったのは「もしかしたら股関節がうまくつながっていないのでは」ということです。動こうと思ってから実際に動き出すまでにタイムラグが生まれてしまうのは、股関節のところで連動が途切れているからなのでは。そう考えると、良くない動きをしているときの「体のバラバラ感」もつじつまが合います。つながっていないからバラバラ。単純です。最近は動き出しのタイムラグが小さくなってきているので、もう少し練習するとさらに理解が深まりそうです。

今思ったけど、体がかたいのもこれが原因なのかもしれない。長座とかをしたときの神経が引っ張られるような痛み。股関節のあたりがうまくつながってなくて、本来あるべき状態よりも距離が長くなってしまっているから神経が必要以上に引っ張られるのでは。これも練習していったらほんとにそうなのかどうかわかりそうです。今の状態が改善されていって体が柔らかくなったとしたら正解だ。

あとは足の動きとかもいろいろ試しています。足首の可動域を改善するためにかかとを押しながら足首を動かしてみたり、足の指をニギニギしてみたり、まぁいろいろやっています。そのおかげかなんなのか、たまにすごく速く動けるときがあります。そういう時はつい調子にのってしまって、必要以上に速く動こうとしたり、必要以上に高く跳ぼうとしたりしてしまいます。そういうことをしているとすぐ元に戻ってしまうという。調子にならないようにしなければ。

では、これからSリーグ2012シーズンファイナルの会場に足を運びます。ばいちゃ。

タイガのゴール下のシュート

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ