止まれるようになれば

どうも、リーダーです。最近バスケの技術論みたいな記事をあまり書いていなかったので、今日はそんな記事を書いてみようと思って書き始めてみましたが、何を書こうか・・。

最近は「止まること」を特に意識しています。今一番必要なことだからです。少しずつ前進している感じはありますが、なかなか思うようにはいきません。動き方の改善。筋力アップ。まだまだやらなければいけないことはたくさんです。

バスケは速く動くことよりも鋭く止まることのほうが重要です。うまい人ってのは「止まれる人」です。

他の選手の動きを見ていると、同じように「止まること」を意識して練習したほうがいいと思う選手もちらほらいます。特に止まってプレイできたら大化けしそうなのがミトです。止まれるようになるにはかなり時間がかかりそうですが、止まれるようになったら得点だけでなく、アシストもかなり増えるはず。中でボールを持つときも落ち着いてボールが持てるようになると思います。

単純に「止まるための脚力」があれば止まれそうなものですが、動き方を改善しないとどんなに強い脚力を持っていても止まれないと感じています。脚力の向上は絶対的に必要です。しかしそれと同じくらいに動作の改善も大切です。動作を改善することができれば、脚力も向上していくはずです。

こけるいその

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ