動きの速さについて

動きの速さは「筋力」だけに左右されるものではないと実感している。足の筋肉を鍛えれば速く動けるというわけではない。大事なのは「床のとらえ」だと思う。

最近はだいぶ動きが変わってきていて、以前よりも高いレベルで安定するようになってきた。前はよく動ける日もあれば動けない日もあったんだけど、今は「動けない日」が無くなってきた。よく疲れる日と疲れない日はあるけど。

エネルギーのロスということをよく考えるようになった。床をまっすぐ押せるということは非常に大切。まっすぐ押せないと前に進まない。異常に疲れる。動き出しが遅れる。

シュートなんかはそれが実感しやすい。引っかくような動作をしてしまってボールの中心をまっすぐ押せなければエネルギーのロスが発生してシュートが届かなくなる。とばすために力が必要になる。なんらかの原因で少しでもエネルギーがロスすると、一気にシュートが難しくなる。常にエネルギーをロスしながらシュートをうっている人もいるが、そういう人はロスがなくなれば一気にシュートがとぶようになる。

シュートフォーム

床をまっすぐ押すために「股関節」の可動域が必要になってくる。可動域がせまい(大きく動かせない)とまっすぐ押すための姿勢が作れない。股関節を使うために骨盤の前傾が大事ということもよく言われるけど、それもなんとなくわかるような気がしてきた。

骨盤の前傾ってどういうことなのか、本当に実感できている人は少ないんじゃないかと思う。骨盤の前傾が大事って言っているのに自分の骨盤が前傾していないって人も多いし。そういうのはやっぱり「動けない」状態から「動ける」状態になった人にしかわからないだろうなと思う。なんでもそうだけど、「実感した経験」がなければその言葉にリアリティは無い。

また話がずれてしまった。

昨日の練習ではいくつか基礎練習をやったんだけど、その中の一つに、エンドラインからフリースローラインまで走ってからゴール下まで戻ってきてバックボードに向かってジャンプするっていう練習をした。そこで、峠と私はほぼ一緒にスタートしたのに徐々に差が開いていった(峠が遅れていった)。

身長差はほとんどない。筋力はたぶん私のほうが弱い。峠は長距離走も速いので、持久力も私のほうがないだろう。それでも結構な差が生まれた。私は速く動こうとはしておらず、むしろ少し余裕を持った状態でやっていた。だから私が特別頑張っていたわけではない(頑張りの度合いで言ったらたぶん峠のほうが頑張っていた)。これはきっと股関節の動きの差だと思う。

もし峠が床をまっすぐ押せるようになったら、筋力がある分私よりも速く動けるようになると思う。ポイントは「床をまっすぐ押す」ってことなんだ。これが意識せずにできてる人もたくさんいるけど、なかなか上達しないって人はできてないことが多い。

ちなみにこれができたからといってバスケのレベルが上がるわけではない。単に「楽に速く動けるようになる」だけだ。バスケのレベルはまた別の話。でも、私たちみたいなのが上の人たちに挑戦するには必要なことだよね。

スポンサーリンク

4 Responses to “動きの速さについて”

  1. とーげ より:

    馬鹿ですみません。
    床をまっすぐに押すということは、力学的だと力の反作用が上向きに働くので前(自分が進みたい方向)に進む際にエネルギー的に効率がよくない感じがするのですが。。。しかし結果的にはリーダーと自分であれだけの差が開いたのは事実なのですが。確かにジャンプ時はいかにまっすぐに飛んだほうが効率は高いというのはイメージできるのですが(汗

  2. リーダー より:

    >とーげ

    力学とはおそれいった(笑)
    ここで言う「まっすぐ」は「床と垂直」ではないんだよね。
    当然反作用の力の向きは前に向かわなければいけない。
    E-BOOKのディフェンス編29ページの図を見てほしいんだけど、
    その右側の図の下から2番目の矢印が、ここでの「まっすぐ」だと思ってもらっていい。

    なぜ「まっすぐ」と言ったかというと、これは足の動き方に対して言ってるんだ。

    股関節が動かないと同ページ左側の図のようになっているわけなんだけど、
    下から2番目の矢印にあるように前に向かおうとする足で床を押さなければいけないときに、
    足がまっすぐではなくて遠回りに下方向に動くのがイメージできるだろうか。
    前に振り出されて、それから下に向かって動く感じ。
    ちょうど「ひっかく」ような動きになるんだ。それは「まっすぐ」ではないんだよね。

    右側の図なら「まっすぐ」そのまま押せば前に進む。
    下に向かう足を邪魔する力もないから、こっちのほうが効率がよくなるというわけだ。
    これ以上書くとあれなので、わからなかったら次の練習で教えるよ。

  3. のーぶりー より:

    おらにも教えてくらっしぇー

    よくわからなんだ

  4. リーダー より:

    >のーぶりーさん

    次会ったときに教えられるように準備しておきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ