教えたこといろいろ

峠に教えたことをいろいろとメモ。

とうげ

腰が起きていない。だからドリブルもシュートもパスもディフェンスもどこか腰の引けたようなプレーになってしまっている。股関節があまり動いていなくて、筋肉で無理やり動いている感じ。今回は腰が起きているという状態を実感してもらった。

ノーブリーさん用に補足。足が回転するのはいいんです。「足が床を引っかくように動いてしまっている」というのが問題です。シュート動作とおんなじで、ひっかく動作は効率が悪いんです。まっすぐ押せれば一番いい。突き立てるとか言いましたが、それはひっかくんじゃなくてまっすぐ押すってことです。

シュート動作がよくない。前に大きくジャンプしてしまう原因も教えた。前にとばなきゃシュートがうてないってのは、前に誰もいないときじゃないとシュートがうてないってこと。改善できればシュートチャンスが増える。これも腰が起きていないことが関係している。腕の使い方も教えた。

パス動作。とうげのパス動作は腕を大きく伸ばしている。これがよくない。肘の開きが甘い。肩があまり動いていない。肘が開けていれば、腕を伸ばさなくても手元でボールを回すだけでパスができる。力は必要ない。体が勝手にボールを押し出してくれる。これも腰が関係しているかもしれない。

企業秘密だよ、これは(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ