エネルギー消費を抑えて走る!リーダーズランニングクリニック

昨日の練習は人が少なかったので、「走り方」の練習をしてみました。走り方の練習なんてあんまりしないと思うけど、絶対やったほうがいいんだよね。昨日やったようなのができるようになるとかなり楽に走れるようになる。

スポンサーリンク

人間の体って、無理やり動かそうとすれば動いてしまう部分がある。でもそういう動きはめちゃくちゃエネルギーを消費するから、何度も繰り返すことができない。そして、だいたいそのような動きは遅い。遅いからもっと頑張らなきゃと体にますます力を入れる。体に力が入れば入るほど動きは遅くなり、しかも力を入れた分エネルギーも消費される。悪循環。

実は思っているほど力を入れなくても、体を速く動かすことはできる。力を入れた時の体の動きと、力を入れていない時の体の動き。比べてみると、力を入れていないほうが速く動いていることも多い。走る動作にもそれは顕著に現れる。力を抜いた状態で走ったほうが、足の回転は速く(早く)なる。

スポンサーリンク

筋力に頼らない。筋力に頼らないから疲れにくい。さらに自動的に足の回転が速くなる。そんな走り方ができたとしたら。

そんな動きの習得を目的として走る練習をしたのだけれど、昨日来た人の中ではニセムラカワが感覚をつかめていたような気がする。もともとそれに近い動きができていたんだろうけどね。他の人はまだまだ先はながいかな。たくさん練習していかないと、体に染み付いていかないでしょう。歩くのも同じ原理だから、気がついたときに練習するようにすればいいと思うよ。

ムダなエネルギーの消費を抑えることができれば、今よりもたくさん走ることができるようになる。たくさん走ることができるようになれば、試合でも勝てる可能性が高くなってくる。やっぱバスケは脚力が大事!頑張って練習していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ