バッシュを変えてから足が痛い

どうも、リーダーです。バッシュを変えてから足が頻繁に痛むようになったということに気が付きました。しかし足が痛いのを「クッションが無いバッシュのせいだ!」と言ってしまうのは頭の悪い考え方です。バッシュは悪くない。動き方が悪いのです。跳ね返ってくる反動を次の動きに使うことができればそれでいいはず。次の動きに使うことができていないから関節などにダメージが蓄積される。

自分が生み出した力が自分に跳ね返ってくるわけだから、自分の体がそれに耐えられないわけがない。自分の体が生み出す力は自分の体で耐えられるレベルのものになるはずですから。

最近気がついたことは、力を入れてはいけない場面で力を入れてしまっているということ。例えば足を床につく瞬間なんかは、本当なら足首はリラックスしていなければいけないけど、なぜか固めてしまっていたりするわけです。すばやく動けないこと&衝撃が大きそうなことは容易にイメージできると思います。筋肉が固まってたら衝撃が吸収できないよね。

そういうのが少なくなってくれば足が痛いのもなくなるはずです。うまい人と対峙すると力んでしまうのもね。力みが無くなってくれば体にも優しくて素早い動きができるはずです。練習あるのみ。

こけるOTKさん

スポンサーリンク

2 Responses to “バッシュを変えてから足が痛い”

  1. HISA より:

    あけましておめでとうございます!

    昨年はこのブログでバスケIQがかなりアップしました!

    今年もご指導いただけますよう
    よろしくお願いいたしますm(__)m

    因みにHISAはご老体なので、
    バッシュはアシックスのゲルシリーズ

    ソックスはサンタさんからもらったAND1のハイソックスで

    足を守っています!
    (^-^)v

    • リーダー より:

      >HISAさん
      今年もよろしくお願いします!
      HISAサンタからバッシュのプレゼント待ってます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ