選手生命終わりか

どうも、リーダーです。選手生命終了の危機に陥っています。背中(首)に痛みが・・しかもピキッとする嫌な痛みです。日曜の夕方から痛くなり始め、夜の練習で悪化し、ただいまピーク。明日の練習までには良くなっているといいんだけど。

原因はアスファルトの上で動きの練習をしたことです。姿勢の悪さのせいで一箇所に衝撃がかかり続けたもよう。体育館でやってても、動きのキレがいつも以上のときなんかはたまに痛くなってたんですが、今回はその比じゃないです。アスファルトは体育館の床の何倍も跳ね返りがある。そういうのを実感できたのはまぁ良かったのかもしれない。痛いけど。

痛みを和らげる方法はないかといろいろ体を動かしていたところ、肩甲骨を背中から剥がす(肩甲骨の間のあたり背骨を前に押しこむ)ような動きをするといい感じになることが判明。例の体幹トレーニングの片腕片足を上下に動かすやつとか、戸を開けた状態で戸の上の壁に腕を伸ばして手のひらを当てて、そのまま体をぐーっと前に押しこむとか。何回もやってると背中がすっきりしてくるような感じがします。でも痛いけど。

今日はおとなしくしてようと思います。これが克服できたらまたバスケうまくなるな。

伊勢の頭がボール

スポンサーリンク

2 Responses to “選手生命終わりか”

  1. より:

    自分で自分の体のことをよく分かって、どうこうしていくってのは、本当に大切だよね。

    しようと思ってもなかなか簡単にはいかないことだからこそ、できるってのは本当にすごいと思う。

    • リーダー より:

      意外とわかってないですよね、自分の体のことって。
      わかろうとすると奥が深すぎて滅入っちゃいますけど。

      理解が深まれば自然とあれこれやってみたいと思えるし、
      やっているとふとした瞬間に急にできるようになったりする。
      でも、できるようになるきっかけを掴むのが難しい。
      そんな感じ。

      やっぱやり続けるのが大事ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ