思っているほど強く押さなくても飛んでいく

どうも、リーダーです。力みを取るということについて。

思っているほど強く押さなくても、引っ掛かりをなくすだけでボールは飛んでいきます。例えばワンハンドシュートの左手(添える手)。力が入り過ぎると「引っ掛かり」になります。これをなくすだけでボールは気持よく飛んでいくようになる。

しかし引っ掛かりをなくそうとして左手の力を弱めると、ボールがぶれてしまうことになる。しかしそれを「力」で制御しようとしてはいけない。支えるために力を使ってしまうと、飛ばすために力を使うことができない。力を抜いても支えられる形(姿勢)やボールの動かし方を考えなければいけない。

思っているほど強く蹴らなくても、引っ掛かりをなくすだけで体は前に進む。例えばディフェンスを抜くときなんかは、どちらかといったら力を入れて体を前に進めようとするのではなくて、力を抜いて抜こうとしないと予備動作が生まれる。また、力を入れることでそれが前に進むことの「ひっかかり」になる。力を入れていないのが一番早かったりするのだ。

相手と接触するときは「力」で体を支えようとしてはいけない。力は支えることに使うのではなくて、突破することに使いたい。力を入れなくてもバランスを崩さない姿勢、動き方を考える必要がある。

まずは力を抜いて動いてみるといい。そのほうが気持ちよく動けるというのが実感できるはずだ。

素直に実行する人だけが上達する。

ドライブするいそっち

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ