良くない時の動きはヌルヌル

どうも、リーダーです。金曜の練習は久しぶりにヌルヌルした練習でした。良くないときは動きがヌルヌルしてしまいます。そしてすぐに疲れる。いい時は方向転換とかが鋭いです。疲れにくい。動画を見てみたら、やっぱり肩が上がっているような感じでした。

ふと「脳内物質が関係しているのかも」ということを思いつきました。おりゃ~って感じにならなかったんですよね。気持ちが乗り切らないというか。体が思うように動かなかったからだと思いますけど。アドレナリンが出てなかったんだろうなー。

逆にアドレナリンが出てる時はおりゃーってなるということ。バキのようにコントロールできるようになったら・・・。市民戦のときのヤマザキは確実にアドレナリン出てましたね。特に終盤のレイアップを外したあとの戻りとか。あのヤマザキは完全に「獣」でした。バスケのコートであんな動物っぽい動き見たことないです。

ヤマザキのレイアップシュート

そんな感じで運動量も少なかったので、練習の終盤には腕が冷たくなってしまいました。これからの季節は手が動かなくなるので嫌です。

そういえば最近背骨がポキポキなるようになってきました。固まっていたのが緩んできたのか・・そうだと思いたい。

白目×5

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ