気づいたことメモ

最近ダンスの動画をよく見ています。その中からいくつかピックアップして紹介。

ダンスも胴体が動いてないやつは見てもあんまりすごいと思わないけど、ここまで胴体が動いてるとマジすげー!神だ!ってなる。この体の開発され具合やばいよね。ユーチューブにまだまだたくさんあるから、時間見つけてみたほうがいいよ。

動画だけじゃあれなので、ついでにこの前メモったやつでものせておく。ヒント盛りだくさん。

シュートは左手の使い方が大事。リングに送り出す感じ。

パスはやはりはじき出し。はじき出せれば、後ろに下がりながらでもそれなりに強いパスが出せる。(重心移動を使わなくてもいい)

ストップシュートのステップ。股関節を曲げた姿勢を維持したままステップすることが重要。今まではいったん浮き上がって、そして沈んでからジャンプしていたということに初めて気がついた。だから遅い。姿勢作りも不十分。

よい姿勢でのステップをするためには右足を左側に移動させるときに外旋できている必要がある。右足が外旋しにくいということに気がついた。だからバランスを崩しやすいし、力が入りすぎる。

右足が外旋しにくいからか、右足に十分にのれていないことがわかった。レッグスルーからのドライブで右側を抜くときに左側と同じ鋭さが出せなかった理由がたぶんこれ。

右足にしっかりのれていないので、右足の「抜き」が全然できていなかった。今までの「抜き」動作は全て左足の抜きだったみたいだ。右の股関節にのれていないってことか。

足をまっすぐ使うということがどういうことなのかわかった。前に踏み込んだ足のつま先がまっすぐ前を向いているのはダメだ。

動作の小さいパスについて。動く部分と止まっている部分のメリハリが大事。ほとんどの人は手を動かそうとすると胴体も動く。胴体を止めたまま手を動かせることが大事。動かす部分以外を固定して動かないようにする力が必要。ダンスからいいヒントをもらった。体を止める動き(動きとは言わないかもしれないが)って重要だと思う。

腕のすばやい動作について。めちゃイケで輪島功一が冗談で出したジャブの鋭さが忘れられず、たまに真似してみたりしていた。今日もやってみたら以前よりも鋭いジャブができた気がする。腕の力は抜いておく。瞬間的な出力。息を吐く。ボクサーはパンチを出すときにシッシッとよく言っている。息を吐いてるんだ。この鋭さで腕を動かすと筋肉にかなり負荷がかかる。いつもこういう動き(ジャブだけじゃなくて)をやっているやつは筋肉がどんどん鍛えられるんだろう。ジャブの動きは足を伸ばす動きにも応用可能な気がする。しまった、体育館で試してみるのを忘れた。

腹が弱い。でも腹筋はしない。

左足首はまだ治らない。ゆるゆるだ。当たられると耐えられない。こちらから先に当たっていかなければいけない。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ