やりたくないことをやるのは大変

どうも、リーダーです。今回も覚醒の補足的記事です。

あの日は床の捉えが今まで以上に鋭くなっていて、歩幅も自然と大きくなっていました。一歩一歩グングン進む感じです。こうも軽く体が進むとですね、自然と「走ろう」という気持ちになります。例えばターンオーバーしたときの戻りとか。今までは「頑張って」「無理して」じゃないと戻れなかったですが、軽く体が動いて移動も速いものだから、戻って止めてやろうという気持ちが自然と持てていました。

オフェンス時、ボールを持っていないときのカットインなんかもそうですね。今までは意識して、頑張ってカットインをしていた感じですが、この日は相手が油断してるときに走るだけで簡単に相手を振り切れますから、積極的にカットインをしていました。「やろうと思ってしていた」のではなく「体が走りたがっていたので勝手にカットインしていた」という感じでした。

体の状態っていうのはメンタルに非常に大きな影響を与えます。例えば体がストレスなく前に向かえる状態になっていれば、自然と前に向かおうと思えます。でも体が前に向かえない状態、逆に後ろに向かうような状態になっている人は、前に進もうとするときにストレスを感じながらそれを乗り越えて前に進まなければいけない。

やりたい!と思っていることをやるのと、やりたくない!と思っていることをやるのとでは、難易度が全然違いますよね。やりたいことをやるのは簡単。やりたくないことをやるのは大変です。前に進みたい(走りたい)と体が思っていないのに、走らなければいけない。それには大きな苦痛を伴うので、やるのが大変です。ストレスになります。

体がブレーキをかけている、つまり体は後ろ向きの力を発揮しているのに、そこを無理やり筋力で前に進もうとするなんていうのは、体には最高に良くないわけです。それが「走りたくない」という気持ちにつながります。走ると苦痛が生じますからね。体は苦痛を感じたくないですから、走らせたくないんです。

ナイスパス

それを無理に動くような運動を続けていると寿命を縮めることになるんじゃないかなと思います。体が感じるストレスが半端ないから。スポーツは体に悪いみたい言われ方をすることがあるけど、こういう部分のストレスもかなり影響するような気がします。わからんけど。

そんなわけで、体がストレスなく動ける姿勢・動作を考えていかなければいけません。寿命・・というよりはバスケを上達させるために。そういう動きのほうが速くて強い。それができている人のほうが試合で活躍できている可能性が高いです。

でも一つ問題なのが、よくない動きをしている人っていうのは、良くない動きをしているっていう自覚がないっていうことです。動きが改善された時に初めてわかるんだよね。良くない動きをしてたんだってことに。

うまい人と自分の動作を比べるところから始めるといいかも。私は「こいつ動作が良くないから膝痛めそうだな」とか動きを見ただけでわかりますけど、それはたくさん「比較」してきているからだと思います。せっかく練習動画撮ってるわけだから、そういうところを見てみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ