階段を登り降りするのも練習

どうも、リーダーです。私にとっては階段を登る・降りるという日常の動作もバスケの練習の一つです。特に降りるときは良い練習ができています。先日長い階段を降りていて気づいたのは、「膝を曲げる」という動作は「重心の移動を伴うのが普通なんだ」ってことです。

私は左の膝が昔の怪我でう○こ状態になっててですね、左の膝にあまりのれないんです。のろうとするとズキッと痛みが走ってしまって。まぁこれは股関節の左側がよく動いていないっていう原因もあるんですけど。それで階段を降りるときは「左足にのって右足を下の段に下ろす」という動作がきついんです。

調子悪い時は一歩ずつ左足から下の段に下ろして降りたりすることもあるんですが、最近はその痛みに耐えてきちんと左足にのって降りる練習をしています。その中で気づきました。「重心が後ろに残ったまま膝を曲げると痛い」んです。でも重心が前に移動し始めてから膝を曲げるとあまり痛くありません。

膝を曲げる→右足を下ろす→重心を前に移動すると痛い。重心が前に移動する→膝を曲げる→右足を下ろすと痛くない。

あ、当たり前か。のってる重さが違うから。ここまで書いて初めて気づいた。

でも、たぶん先に重心が動いた方が体に優しい(体にとって自然な)動作なんだろうと思います。後ろに残ってる重心を筋力で前に持ってくんじゃなくて、先に重心を移動してから蹴る(のる)感じかな。慣れていないと先に重心を動かすことに恐怖心を感じたりする。こういうところに運動神経の無さが現れるんだよね・・。

「膝を曲げる」なんていう簡単な動作でも、まだまだ新しく気づくことは多いです。

疲れみっち

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ