べんぞうメールへの返信

主にトレーニング部分への返信。べんぞうさんの方法が悪いと言い切れるわけじゃないけど、私ならこうするっていう感じで書いてみました。

ナイスディフェンス

やっていることは3つ。
①胴体を鍛える。
 腹筋・背筋・スタビライザー(体感トレーニングの一般的なやつ)・胸を鍛える
 これは、まさに「強くする」感じてやってる。ここは柔軟性とか可動域とかあまり気にしなくてもいいのかな、って思ってるけど、どうなんだろ?

腹筋、背筋はやるなら呼吸を止めないのは当たり前として、あまり特定の筋肉を意識しないほうが良いです。特に表面の筋肉ばかりを意識すると良くないことが起こります。全身が、特に体の奥のほうも動くことを意識して。筋肉を疲れさせようとするのではなく、できるだけ疲れないように同じ動作をするように動くといいです。

胸がきいてくるとプレーにダイレクトに影響が出るので胸のトレーニングはナイスなんですが、「鍛える」というよりは「もっと動くようにする」という感じでトレーニングしたほうがいいです。胸にも「可動域」があります。より大きく動かせるように。胸が固まって動いていない人は多いです。

②肩の可動域を広げる。
 ぐるぐる回したり、広げたり閉じたり、ゴムのエキスパンダーみたいなのをやったり。
 (これはパスに変化が出てるかな)

前も話したような気がしますが関節は筋肉の「収縮」で動くので、「伸ばす」のではなくて「自分で収縮させて関節を動かす」という意識で可動域を広げるようトレーニングしたほうがいいです。

例えば肩をグルグルまわすのも、「伸びてるな~」って感じながらやるのは気持ちいいだけで、可動域を広げるためにはあまり意味が無いです。上に持ち上げる、後ろに下げる、下に落とす、前に持ってくるという動きを意識しながらやるといいと思います。

③足首を強くする&可動域を広げる。
 いわゆる「カーフレイズ」というやつかな。段に足をかけてふくらはぎやアキレスけんを伸ばすやつ。ふくらはぎのトレーニングだと思ってたけど、足首の可動域を広げる、強くするとも何かに書いてあった。

カーフレイズはつま先で蹴る動きですが、末端部分で押すような動きはやらないほうが良いと考えてます。やるなら逆方向。つま先を引き寄せる動きをトレーニングしたほうがいいです。それも、段に足をかけたりしてふくらはぎを「伸ばす」のではなくて、自分の意思でつま先を体に引きつけるようにします。その結果アキレス腱やふくらはぎが伸びるのはOK。

気持ちよさを求めるのなら伸ばしてもいいですけど、それは可動域を広げることにはつながらないです。外的要因で伸ばすと反射的に縮もうとして余計固まるし。自分の意思で伸びる(例えばつま先を引き寄せる動きを意識的にしたときにふくらはぎが伸びる)なら固まりにくい、というかゆるみます。

長期的に取り組めば足首のサポーターいらなくなりますよ。

ちなみに、田臥ドライブできるようになりたい。
インサイドで抜いて、ファールもらう。
ああいう動きをしたいのよ。
今度教えて。

田臥ドライブを教えるのはいいんですが、インサイドで抜くためには田臥ドライブじゃない方法を考えたほうがいいです。田臥ドライブは外に慌てて出てくるディフェンスを抜くための動きなので。あの動き自体は「ディフェンスを抜く技」ではないですし。

ファウル貰いたいならやっぱり相手よりも速く動けないといけないと思います。速い動きってどういう動き(誰みたいな動き)なのか、自分がやるとしたらどうやるのか、やってみたらどういう結果になったのか(どれだけの速さだったのか)などを考えながら、速い動作を追求して練習していくしかないです。

べんぞうさんはもっと速く動けると思うんですよね。私よりも関節は柔らかいし、体の芯もしっかりしてる感じだし。今体の感覚が変わってきているので、その調子で変化し続けていけば動きももっと速くなると思います。
 
 
 

という感じでした。誰かが何か書いてくれると記事が書きやすい。次は誰がメールを送ってくれるんだろうか。エビか!?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ