センスとは何か

どうもこんにちは。ヘッジのブログから流れてくるアクセスがすごくてびびりました。初めて1日のページビューが1000を超えました(今までの最高は600くらい)。さすがとしか言いようがない。もっとうちのサイトを宣伝してください(笑)

単独速攻

ヘッジのブログで「センスって何?」という話題が出たので、今回はセンスについて書いてみます。基本的には「関根家の理論」と同じです(笑)

一般的に「あいつセンスある」って言われるような人は「動きが美しい」です。「美しい」というのはどういうことかというと、「ムダがない」ということです。無駄の無い、洗練された動作って「美しさ」を感じるんです。プレーをずっと見ていたくなる人っていますよね。そういう人って美しい動きをしているはずです。

動きの美しさに魅了されていて、ずっと見てたいなーってなるわけです。経験年数が長くなってくると、どういう動きが理にかなった動きなのか、見てわかるようになるんですよね。そういう動作を見ると自然と美しさを感じて「センスあるな」って表現してる。いや、経験年数は関係ないかも。人間はもともと知っているのかもしれない。

「無駄がない動作」というのはどういうことかというと、「理にかなった動き方をしている」ということです。「理にかなった動き方」ってなんだ?ってことになりますが、例えば、床を蹴って前に進むということを考える場合、まっすぐ床を押して進める人もいれば、床を前から後ろにひっかくように足を動かさないと進めない人もいるわけです。(姿勢や体の状態が関係している)

もちろん「まっすぐ押して進む」のが正解で、それが無駄の無い動作(理にかなった動き方)。センスを感じる動きです。床をひっかくように足を動かすのは、無駄に大きく足を動かしているわけです。そういう動きは美しくないし、見ても「センスがある」とは思いません。

あとは「無理して動いていない」っていうことも重要なポイントだと思います。動きに美しさを感じるときは、動きのリズムがよくて、なおかつ動きが軽くて速いです(速く見えない場合もある。でもその場合も実際に対峙してみると速い)。力感をあまり感じません。無理して動いている感じがしない。力みまくって動いている動作を見ても「あいつセンスある」とはならないですよね。

まぁこれは「理にかなった動き方をしている」というのとほぼ同じ意味です。理にかなった動き方をしている人は必要最小限の出力で動けます。だから動きが軽いです。しかも重心のコントロールやら床の捉え方やらがうまいので、すぐに止まれるしすぐに動き出せます(「タイミングをずらすだけで攻められる人」っていうのはコレだと思います)。理にかなった動き方をしていない人は、必要以上に力を出さないと動けません。無駄な動きもしながらでないと動けない。だから動きが重くて遅く、見るからに力んでいる感じがします。

センスがある人は身体能力が高いことが多いですけど、完全にイコールではないような気もします。身体能力が高くても動きが洗練されていないことはよくありますよね。

というのがみんながよく言ってる「センス」だと思います。では、センスを向上させるためには・・は次回に続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ