うまい人の動作の流れを分析する

今回はノーブリーさんの日記からネタをいただきましょう。何日か続くかもしれません。

練習の始まる前にリーダーに一対一を申し込んだやってみましたが、まぁ、散々なもんですよ。やっぱ初期動作がないのかな?動き出されると全然ついていけない。単純な身体能力的な早さではない違う早さ(速さ?)を感じましたねぇ。

先日練習の前にノーブリーさんと1対1をやりました。確かに動き出しの速さは全然違ってるんですが、動きの速さ自体はそんな変わらないような気がしました。ノーブリーさんがオフェンスのとき、一回フェイクのステップが速くてバランス崩された瞬間があったし。

でも、その後の動作が遅かった。フェイクのステップからのドライブ動作への移行がギクシャクしすぎでした。体がまとまっていない感じ。流れるように動かないと、せっかくフェイクでズラしても準備されてしまうんです。右にフェイクしたら、その流れのままで左にドライブするときの動き方とか、そういう「動作の流れ」をもっと意識したほうがいいです。一つ一つの動きが細切れでつながっていないから速さが出てないんですね。

うまい人の動きはどうなっているかよく分析しながら、それをまるごと真似する感じで練習したほうがいいかもしれないですね。「よく分析する」っていうのはですね、例えばこういうことです。

ノートの絵

これは私のマル秘ノートです。ある動きを真似したいと思って作ったメモです。動作の一瞬一瞬を切り取って、そのときの姿勢や動きの流れを確認するんですよ。そんで自分の動きと比べて、違うところを修正していくんです。

イセはこのノートを見て「ウォーターボーイズだ」とか言って馬鹿にしてたけど、こういうことをやらないと動作って改善できないんだよ。別に絵を書かなくても、一瞬一瞬の姿勢を分析するってことね。

初めから質の高い動作ができてるならそれでいいけど、まぁその点イセは別にいいのかもしれないけど、「体を動かすのが下手」な人はね、こうやって動作を改善していかなきゃいけないんですよ。私は体を動かすのが下手くそだからこういうことをやって少しずつ改善しているんですよ。新しい動き方を身につけるときはこれをやらないと駄目だ。上達が加速すると思うからおすすめ。

スポンサーリンク

2 Responses to “うまい人の動作の流れを分析する”

  1. ぶりー より:

    そう、そうなんすよ。
    いっつも「あ、いまタイミングずれたじゃん」て思うんだけど、もうそう思ったときは時すでに遅しなんすよね。

    っていうか、昔の日記にも書いたんだけどドリブルの突き出し方、特に足の一歩目の出し方をどうするのか、タイミングも含めて分かんないんすよね~。

    だから1対1が弱いんすよ。。

    • リーダー より:

      どういう動き方をするのかは、ドライブが得意な選手の動きをよく観察すればわかると思います。動画をコマ送りで見たりすれば一発です。動き方がわかったら、あとは同じ動作ができるように繰り返し練習していきます。「丁寧に」練習することが大事です。違うことをやっても身につかないので。

      突き出しのタイミングがわからないのは、自分の意志でディフェンスをずらすことができないからだと思います。「いまタイミングずれたじゃん」て瞬間が突き出しのタイミングです。が、自分が思っていないタイミングでたまたまズレが起きているので、そこをつくことができない。

      フェイクを使ってずらす。ディフェンスを自分の意志でずらそうとしてずらす。ということを意識した練習をするといいと思います。例えば、右にフェイク→左にドライブという一連の動きが身につけば、「タイミングがわからない」なんてことはなくなるはずです。難しい技ではなくて、簡単な動作で練習するといいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ