力むとすぐに動けない

力むと動き出しが遅くなります。力んで主動筋と拮抗筋が同時に収縮したら体はかたまります。かたくなってしまった体はすぐには動かない。かたくなった筋肉をいったんゆるめてからでなければ動けません。そうすると「動こう」と思ってから実際に体が動くまでにタイムラグが生じます。こうなってしまっている人はわりと多いです。

しかし、力まず動きたいからといって、単純に力を抜けばいいということではないです。姿勢によっては、ただ立っているだけで「必要な筋肉がゆるみ切っている」ことがあります。筋肉はゆるみきっていると収縮しにくくなります。その状態から動き出すには、ゆるみ切った筋肉をいったん引き伸ばし、それから収縮させるという二度手間が必要になります。すると動き出しが遅くなる。

もしくは本来使うべき筋肉と違う筋肉を使って動くことになるか。その場合は体が大きな力を発揮できない(動きが遅くなる)だけでなく、無駄に疲れやすくなり、おまけに怪我のリスクが高まるっていうことになります。

逆にちょっとだけ引っ張った状態にしてやると収縮しやすくなるわけです。その状態を「姿勢」などで作り出すのです。パワーポジション、トリプルスレットなどの姿勢が大切だと言われる理由はこのあたりにあると思います。あの姿勢の「形」だけに目を向けている人はその姿勢の恩恵を十分に受けられていないはず。言うまでもないことですが、形が重要なのではなくその姿勢を作ったときの「体の状態」が重要なんです。形だけなんとなく真似しても実際に動きやすくなってなければ真似する意味ないよ。

今回の一連の記事はトマのことを思い浮かべて書きました。でもトマ以外にもあてはまる人はいっぱいいると思います。もちろん私も。相手よりも速く動くためにこれからも練習を積んでいかなければいけません。

じょーの動作は無駄が少なくコンパクトでまとまっている印象を受けるので、あんな感じを目指すといいと思います。特別スピードがあるようには見えないけど、相対的なスピードは速いです(質の高く相対的なスピードの速い動作は「速く見えない」ことも多い)。「力を入れている」という印象をうけるプレーも少ない。体の力みが少なく、リラックスしてプレーしている証拠ですよ、あれは。

P.S. 市民戦の会場が変更になっています。後ほど連絡します。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ