足を捻った原因

日曜日に左足首をひねって今日右足首をひねる。もうひねる足がありません。

私の場合、ひどい捻り方をするときはジャンプの着地でやっちゃうことが多いです。誰かの足を踏むときもあるし、自滅のときもあります。どちらもたいてい力んでジャンプしているときです。

去年の3月にひどい捻挫をしました。あのときはシュートをうつときにべんぞうさんと軽く接触して左足の着地をミスりました。シュートのジャンプでかなり力んでいました。特に足首がガチガチ。そして体が空中にあるときに接触があって、体のバランスが崩れたんです(若干体が斜めに傾いた)。そして、いつもならつま先がつくはずなのにつけずに、少しズレてグキッと。全体重がひねった左足首へ・・思い出すだけで痛い。

日曜にひねったときも同じような状況でした。ムキになってリバウンド争い→空中で接触→ひねる。ムキになってジャンプしたので足首がガチガチに力んでいました。そして接触でバランスが崩れてグキッと。

今日ひねったのはフロアが滑ったからなので、ちょっと違います。

着地で捻挫

ジャンプのときに足首が力まないようにするってのが大切だと思う。力んでいなければ同じような状況になっても捻挫のリスクを減らせるような気がする。ひねらなくても「今誰かの足踏んでたらやばかった」っていうような「足首が力んだジャンプ」をしてしまっていることがあるから、そういうジャンプは無くしていかなきゃいけない。

そのためには「準備」が大切になってくるのかな。股関節が伸びきっている状態からジャンプしようと思うと、つま先で強く蹴ってジャンプしなければいけなくなる。そうすると足首がかなり力む。股関節をしっかり曲げておいてジャンプの準備をしていれば、股関節主動のジャンプができるようになって、足首の力みが少なくなる。その分捻挫のリスクが減る。という予想。ジャンプの練習もしたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ