いろいろ書かれたー

いろいろと書かれて恥ずかしかったので、返答というかフォローの記事を書いてみたいと思います。

先日、リーダーさんに助っ人として試合に来ていただいて一緒にプレーした時に感じた事は、・もともと力みが無い方なのに、以前にも増して力みが無くなっている・「スタスタ」というか、「タッタッタッ」という感じで気配を殺して走っているような感じ(忍者か?笑)・ゴールに吸い込まれそうなシュートフォーム(この事が、特に印象的でした)・ゲームを上から覗きこんでいるような俯瞰感・ディフェンスの出方によって対応しているオフェンス・何て言うか、「侍」みたいだった(笑)などなど。とにもかくにも「レベルアップしてるな~!」と感じました!

リーダーさん – シューティングスターズ☆ブログ「陸日記」より。

言うほどレベルアップしている実感は個人的にはなかったのですが、他人に「レベルアップしている」と思ってもらえたことは嬉しかったです。普段あまり褒めてもらえないし(笑)ただほんの少しだけど動きが変わってきていることは実感していて、というかもうずっと前から変化し続けているという感じなんですが、だけどまだ自分が思うような動きはできていません。

「もともと力みがない」というのは「力強さがない」のであって、たぶん「力みがない」わけではなかったのだと思います。今思うとむしろ力みだらけの動きでしたから。でも「以前にも増して力みが無くなっている」ように見えたのは良かったです。いつもそれを目標に練習してきたので。ちなみに「力みがない」と「力強い」は両立できると考えています。練習中。

「気配を殺して走っている」というのは、たぶん足に力を入れずに走っているからそんな感じがするんじゃないでしょうか。力を入れて走るとすぐ疲れるんです。ワタシ体力無いので。省エネしながら動かないと1試合もちません。走り方は改善の余地があります。まだ無駄な動き(ひっかく動き)をしているので、遅いし疲れます。体が上手に使えていないです。

シュート動作、俯瞰、オフェンスに関しては、やはりうまい相手になると思うようにいかなくなります。相手の圧力で力んでしまうのが一番の原因。うまい人は動きが速い。そういう人と対峙すると自分の動きはめちゃくちゃトロいなと感じます。無駄な動きがある。力んだ動きをしている。変な動作をしている。頭の回転が遅いなどなど。改善したいところはたくさんあります。

で、試合の時に感じた事を(木曜日の練習に来ていただいた時に)リーダーさんに直接お聞きしたら、聞いたこと以上の事を教えていただいてしまいました!こりゃあヤバい!(ヤッパイ!!!笑)俺、また上手くなっちゃうな~本当リーダーさんは、えぇ人やな~そして、彼もまた極度のバスケ馬鹿である事を再確認(笑)

ジョーダンは自分がやっているトレーニングを決して人には教えなかったらしいです(トレーナーに他の人には教えるなと言っていたのかな)。教えるのは自分がそのトレーニングを終えて他の選手と圧倒的に差がついてしまってから。というようなことが、確か「ジャンプアタック」に書いてあったと思います。

私はすぐ教えてますね。教えたことでその人が上達して自分よりダントツでうまくなる、ということはほとんどなくて、逆に教えたことで気づきがあって自分が上達できることが多いです。教えてもすぐできるようにならないようなことばかり練習してるので、他の人に教えてもその人ができるようになるまでにはものすごく時間がかかります。簡単なテクニックだけど、たくさん練習しないと身につかない。やるだけなら簡単だけど、質が低い動き(通用しない動き)になっちゃいます。

誤解を恐れずに言うと、リーダーさんは、それほどスピードがあるわけではなく、力強いわけではないと思います。でも、止められないのは、(ここからは個人的見解になりますが)「体の使い方を極めようとしているから」「バスケ頭脳を極めようとしているから」だと思います。

強い相手だと簡単に止まってしまうのが悩みです(泣)自分より速くて力が強い相手には歯がたたないです。当たり前か。力も無いしスピードもない。「能力にものをいわせてどうにかする」ということができない。身体能力の低さを補うために「技術」を高めるしかない。そうしないと戦っていけない。と思って練習しています。

せめて「速さ」のところは負けることが少なくなるように改善を続けていきたいです。そのために「体の使い方」は研究し続けていかなければいけないし、いろいろな経験を積んで「バスケ頭脳」を磨いていかなければいけないと思っています。

これまでも動きの速さは少しずつ速くなってきていて、これが「技術が向上する」ということなんだと実感しています。「○○ができるようになった」は技術の向上ではないんですね。「○○がもっと速くできるようになった」が技術の向上です。

例えばストップ動作は誰にでもできる。でも、その動作の質には差があるわけです。鋭く止まれる人もいれば、ゆるい止まり方しかできない人もいる。それが「技術の差」ですね。できることが多いとか少ないとか、そういうところで差がつくのではないんです。基礎的な動き、単純な動きを「どれだけ正確にできるか」「どれだけ速く(早く)できるか」で差がつきます。動作はたくさん練習すれば洗練されていきますから、たくさん練習してきた人がやっぱり強いのですね(ただし頭使いながら練習する必要があるけど)。

もちろん、シューティングスターズ内での役割をまっとうするのが大前提ですが、チームの事を考えず一バスケ選手として考えると、今、31歳(32歳目前!汗)の陸が「35歳でバスケ選手としてピークを迎える事」を目標とするなら、こういうスタイルを目指すべきでは?と思いました。

私は歳をとってからもバスケをしたいので、体に無理な負荷がかかる動きをできるだけしないようにしていかなければいけないと思っています。「力」でごまかすような力んだ動きはNGです。だからこのスタイルを目指しているわけです。

こういうのって誤解されやすいし、「楽して勝とうとしてる」みたいに言われることも多いんですが、ようは「持ってる資源を最大限に活かすようなプレイをする」ということです。ただがむしゃらに頑張るのではなくて、頭を使いながら無駄を省いていく。これは「手を抜いてバスケをする」とか「一生懸命やらない」ということではありません。まだ手を抜いてバスケができるほどうまくないし、「一生懸命やらない」ほどバスケに冷めてるわけじゃないです。

勝ちたいならきつい練習を頑張る、体に負荷をかけるトレーニングをこなす。体を強くするにはそういう練習が必要だと思いますが、私個人はどちらかといったら「きつくない練習」をして上達してきたし、これからもきっとそういう練習を続けていくと思います。もちろんレベルが高いところで戦うためには「資源を増やす(身体能力を高める)」ということは必要になってくるので、そういった練習を全くやらずに戦っていくことは不可能だと思いますが、上達するためにはこういうアプローチの方法もあるんだってことを今後も上達していくことで証明したいです。

去年、数回練習に参加させていただいて、己の体で体感したヘッジホッグさんは、「上手い」という以前に、「速い」「力強い」「重い」「高い」、そして「痛い」(笑)でした。現実的に、今から陸がそのステージを望むのは無謀。しかし、「リーダーさんみたいな体の使い方をして、リーダーさんみたいな考え方をする」というのは、そこまで現実離れな話ではないはず。

ヘッジの人たちはみんな強いですよね。その中にも「うまさ」を感じます。「うまさ」っていうのは「速い」であったり「力強い」であったり「重い」であるんですが、やっぱりうまいから速くて、うまいから強い、うまいから重いんだと思っています。一つ一つの「技術の質」が高いんですよね。だから速いし強い。今まで死ぬほど練習してきたんだろうなーと思います。そういう人たちが今も体に負荷をかけまくる練習をしていて、身体能力の向上をはかっている。そりゃー強いわけです。

私は自分が歩いている道の延長上にヘッジの人たちのような「うまい人の動き」があると思っています。足りないものは山ほどありますが、頑張って練習していきたいです。

さて、2月3日(木)はNO.NINEと練習試合です。場所は小新中学校。頑張りましょう。

携帯をいじくるイズミ

スポンサーリンク

3 Responses to “いろいろ書かれたー”

  1. JOHです より:

    何を見てるんだか…

  2. ミズイロイズミ より:

    それはですね・・・秘密です!笑

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ