ストレッチはしないほうがいい?シューティングで体を温めよう

動画を見てみたら、姿勢がいい感じになっていました。

腕の感じがいいです。肩はもう少し下がらないとダメかな。

私は体育館にいったら着替えていきなりシューティングを始めます。あまり積極的にやりたくはないですが、いきなり1対1をすることもあります。ストレッチなんかはしません。だってあまり意味がないような気がするから。

もしかしたら、みんなが練習前にやってるようなストレッチ(座ったり横になったりして一定時間のばし続けるストレッチ)は意味がないかもしれません。それどころか、逆効果になってしまっているかも。

スポンサーリンク

筋肉は伸ばされれば反射的に縮もうとします。バネのように、もとに戻ろうとするわけですね。動くときは、この筋肉の働きをうまく使いながら動くのですが、筋肉は伸ばされた状態が長く続いてしまうと、戻ろうとしなくなるみたいです。反射的に縮もうとするのは、それ以上伸びると組織が破壊されるからですが、その働きが起こりにくくなってしまうようなんです。

伸ばされたら縮もうとする筋肉の性質をうまく利用できたほうが、動きは鋭くなるし疲労もすくなくなります。でもストレッチでその性質が働かなくなっちゃう可能性がある。「俺ストレッチしないと動けない」「ストレッチしないと怪我するから」と言いながら、怪我しやすい状況を作り出してしまっている可能性があるっていうことです。

スポンサーリンク

たぶん、ほとんどの人は「なんか気持ち良いから」ストレッチをやってわけだと思います。まぁ気持ちが良いのであれば、体にとっては必要なことなのかもしれない。でも、やるなら練習前ではなくて、練習後にしておいたほうがいいかもしれません。ストレッチで動けるようになるのか?ってことを考えたら、体を動けるような状態にするためにはあまり意味がないことのような気がします。

むしろこれから激しく体を動かそうと思ったら、伸ばした状態で固定するようなやつはやらないほうがいい。それよりも、軽く動きながら筋肉をあたためたほうが断然早く動けるようになるし、怪我の予防にもつながると思います。

私はいきなりボールを使って体を動かします。もちろん最初から激しくなんて動かないです。少しずつです。距離の近いシューティングから始めて、徐々に体を暖めていく。そのほうが早く動けるようになるし、シュート練習だってできる。そんなわけなので、ストレッチについて今一度考えてみてください。

スポンサーリンク

4 Responses to “ストレッチはしないほうがいい?シューティングで体を温めよう”

  1. 通りすがり より:

    一流選手のタブセはプレー前に一時間ストレッチするって言ってましたが

  2. りーだー より:

    >通りすがりさん
    コメントありがとうございます。ストレッチがルーティーンの一つになっているのなら、体をリラックスさせる効果や、精神を落ち着かせる効果もあると思います。だから、やりたいと思ったらやればいいと思っています。

    現にストレッチ無しで練習を始めるのは私だけで、チームメイトはみんなストレッチをしています。ただ、練習しなければいけないことがたくさんあるのに、しゃべりながら5分も10分もストレッチをすることに、果たして意味はあるのかと。他にもやらなきゃいけないことがあるんじゃないかと。そういう想いもあってこんな記事を書いてみました。

  3. 単身赴任 より:

    今頃コメントしてタイミング悪いけど。
    準備体操に入念なストレッチが必須である事に疑問を感じています。(今更、私46歳) 開脚して前屈したストレッチがバスケットやバレーの運動に関係するのかな?
    体が硬くて良いとは思いませんが、ストレッチしなからと過剰に重要視されていると思います。信頼できる接骨院の柔道整復師も同じ意見でした。
    誰か筋肉と腱に良い事を解明して欲しい。

    • リーダー より:

      >単身赴任さん
      私もウォームアップとしてなら、ストレッチよりもジョギングなどの軽い運動のほうが効率がいいと思いますし、腱や筋肉を伸ばすことよりも、筋肉を温めることのほうが、怪我の予防につながるように思います。体が硬いのも、ストレッチでどうにかするっていう発想になってしまうと、結局柔らかくはなっていかないような気がしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ