フェイクのやり方を教えたらその直後にスコ抜きされた

今日はチーム練習は休みだったが、くそ寒い体育館でこっそり秘密特訓をしてきた。足首がゆるゆるな感じがしてたからちょっと怖かったけど、やってみたら意外に大丈夫。体のキレはあまり良くなかった。

スポンサーリンク

ニセムラカワを呼んだら、意外と早い時間に到着しやがった。1オン1をした。やっぱり以前ほど疲れない。前は一回のオフェンス、一回のディフェンスでめちゃくちゃ疲れてしまっていたけど、今はいくらでもやっていられそうな感じがした。体の動かし方はかなり変わってきている。

そしてまた新しい感覚があった。今までよりもちょっと速く動けた。何度か再現しようと試みたけどダメだった。まぐれだったみたいだ。でも一回できたということは、能力的には可能だということ。あとはどうすれば再現できるのかを考えていかなければ・・なんとかものにしたい。

私はニセムラカワのフェイクにほとんどひっかからなかった。そこで、どういうフェイクならひっかかるかということを教えてあげた。その直後に抜かれた。俺しょぼすぎ。でもこのコツをつかむことができると、「わかっていても抜かれてしまう」という状況を作ることができる。体が反射的に反応してしまうのだ。

ニセムラカワはつっかえ棒ドライブをしたいみたいだった。やろうとしていることはうれしかったが、まだまだ先は長いなと感じた。もしかしたら、ニセムラカワにはフィットしない動きなのかもしれない。

スポンサーリンク

ドリブルのつき方もなかなかに収穫があった。今までと違う感じでドリブルできたが、自然にできるようになるには時間がかかりそうだ。なんだってそうだけど、自然にできるようになるには、反復練習しないといけない。新しい動き方を発見するたびに、そういうことをやっていかないといけない。そこにある程度時間がかかってしまう。

パスの練習をしたら肩を痛めた。変な体の使い方をしているに違いない。右肩と左肩の状態が明らかに違う。見た目でも、右肩のほうがかなり下がっている。下がっている=緩んでいるなのかと思うけど、オーバーヘッドパスをしたりすると、緩んでいるはずの右肩を痛めることがある。緩んでいるのは緩んでいるのかもしれないけど、緩みすぎて必要な部分に力が入っていないのかもしれない。

ニセムラカワはパスの動作がうまかった。もともと力も結構強いので、小さい動作で強いパスが出せる。

全体的な動きは良くなってきたけど、もともとバスケットボールがあまり上手ではない。これはやばい。うまい人たちの試合や個別のプレーを研究しながら勉強していかねば。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ