真似を始めて一ヶ月

気がつけば前回の投稿からもう半月以上が経過していました。最近は相変わらず集まりが良くないです。前回の投稿で5対5ができなくてもがっかりするなと書いたのですが、さすがにこうも続くと少しがっかりします。しかも、土曜日には大会があるんですよ?いったい誰が出場するんでしょうか・・・。

スポンサーリンク

ある選手の真似を始めてから一ヶ月くらいが経過しました。ようやくコツを掴んできた感じはしていますが、まだ感じがいい日と悪い日があるので、なぜそうなるのかを早く解明したいです。

この背筋がスッとなった姿勢とかは結構似ている。

このドライブの姿勢もなかなか似ている。

これもなかなか。左手のドリブルがいまいちだな、やっぱり。

ディフェンスは腰が思いっきり引けてしまっています(笑)こうなると足が出ないのです。反射的に腰が引けてしまっているところがあるので、そこをどうにかしなければ。

スポンサーリンク

撮影した動画を見ていたら、べんぞうさんがこんなことを言っていました。

「社会人になったらバスケできね~よそれじゃ」

比較的時間の自由がきく学生組に向かって、忙しい合間をぬって参加している社会人の言葉。確かにべんぞうさんも仕事がかなり忙しいはずなのに、練習への参加率はそこそこ高い。

私も練習の時間を大事にしています。ここ最近で完全に練習を休んだのは、結婚式に呼ばれて横浜に行っていたときと、6月の法事のときだけではないでしょうか。「行けない」と決めてしまうのは簡単ですが、練習に行くために予定を組んで、都合をつけるようにしています。

忙しいのはみんな忙しいんです。でも頑張って練習に来ようよ!べんぞうさんが言いたいのはそういうことです。(たぶん)

バスケに対してどれだけ情熱を傾けられるか。そういう意味では、ビンスF沢さんは最強なんです。情熱とうまくなる度は、多くの場合比例するように思います。

ビンスF沢のガッツポーズ。彼ほどバスケットボールに情熱を注いでいる人は他にいません。ニセムラカワには期待しています。待っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ