ゾーンの練習

日曜は試合終了後そのまま練習へ。
そして練習の初めにちょっと反省会。

一人一人反省を言ってもらったんだけど、
まぁだいたいの人は良い反省ができていたと思う。
(上から目線でスミマセン)

問題はこれからどうするかってこと。
本当に改善する気がないと改善されない。

その後はいつも通り練習したわけなんだけど、
ゾーンがうまく攻められなかったという反省から、
ゾーンディフェンスとその攻めの練習をしてみることに。

チームを固定してハーフコートの5対5を何本もやった。

相手がゾーンできた場合、基本天気には
私がいたほうのチームでやってたような攻め方を
したほうがいいと思う。

人がいっせいに動くんじゃなくて、
一箇所ずつ狙うところをしっかり狙いながら、
ゆっくり(こう書くと語弊があるかもしれないが)攻める。

ただし、パスは速くしなければいけない。

例えば、コーナーにパスが出たら
相手ディフェンスはそれをおいかけるけど、
ディフェンスがおいかけてる最中に他の味方が動き出すんじゃなくて、
追いかけ終わったその瞬間を狙って味方が動き出すような。

「間」を作るというか。

そんなイメージ。

うちの選手たちは「ディフェンスをよく見ながらプレーする」
という能力が著しく低く、しかもそれに気づいていない人が多い。

だからこういうのができない。

相手ディフェンスの動きを考えないプレーが非常に多いよね。
1対1で無理に行ったり。なくしていかないと。

この日の練習では、うちのチームではまもさんの、
相手チームではべんぞうさんのパスミスが目立った。

二人ともレシーバーしか見えていないような印象をうける。

見なきゃいけないのはレシーバーじゃなくて、
その周辺のディフェンスと自分の目の前にいる
ディフェンスの様子だよね。もう何度も言ってるけど。

それが見えていない。

自分が止まっているときもそうだし、
動いているときはもっと見えなくなっている。

私は自分がそうだったからわかるんだけど、
これを改善するのは結構時間がかかる。

強く意識しながらプレーしないと、見えるようにならない。

すばらしいパスをする必要はない。
とにかく確実なパスを心がける。
パスが遅れたら遅れたでしかたがない。
変なパスをしてカットされるよりマシ。

私はこんなふうに考えながら練習してましたよ。

それとドリブルの練習も必要。
1対1用のドリブルじゃなくて、キープする用のドリブルね。

新ドライブ

そういえば、ニセムラカワと1対1してたら
新しい技思いついたことを今思い出した。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ