ごちゃごちゃ動きすぎとか

火曜の練習は14人くらい集まったので、二つのチームに分けて試合をした。そこで気になったこと。

スクリーンからシュート

・ペース配分

オフェンスで力を発揮して点を取る。それ自体は悪くは無いが、オフェンスで疲れてしまってディフェンスができないというのは問題。オフェンスはもっと簡単に、シンプルにせめて体力を温存し、ディフェンスで力を発揮するようにしないといけない。一人だけが力を発揮して攻めるんじゃなくて、5人全員が力を出し合って攻める。そういうオフェンスのほうがいい。

・スクリーンをかけにいくという意識がない

ボールのほうばかりを見て動いている。スクリーンをかけて味方をフリーにしてあげるという意識がまったく感じられない。だから1対1ばかりになる。

・スクリーンをかけに行ってもほとんどかからない

かけられた人が動くのが早すぎる。スクリーンをかけた瞬間は当然ディフェンスはかわす動きをする。その動きを逆手にとって引っ掛けて動くようにしないとダメ。

・ごちゃごちゃ動きすぎ

スクリーンの動きを含めて適当に動きすぎ。自分が動くことばかり考えて、ディフェンスの動きを全然見ていない。だから裏をかくプレーができない。そんなに速く動く必要はない。ゆっくりでいいから、一個一個しっかりやっていけばいい。

・ワンパターンなオフェンス

同じことを繰り返すワンパターンなオフェンス。頭のいいディフェンス相手には何度も同じ手は使えない。1対1で攻めるからそういうことになる。周りの選手がからむことで、無限のバリエーションを作ることができる。

・怒り声

できない人がいてもそれに対して怒るなよ。怒りは負の連鎖を生むって前言わなかったっけ?だいたい人を怒れるほど自分はしっかりやってるのか?イライラする気持ちはわかる。でも怒ってもなんにもならない。雰囲気が悪くなるだけ。怒ってもそいつはできるようにはならないし。

できていない人がいたら教えてあげればいいだろ。できないのはそのできない人だけが悪いんじゃない。何も教えずにそいつだけに責任を押し付けて怒ってるだけの自分にも責任がある。できないのは、教えていない自分のせいでもある。それを忘れちゃいけない。

怒る前に自分ができることがある。そう考えられる選手になってほしいなぁと思う。そう考えることができるチームでありたいなぁと思う。

スポンサーリンク

2 Responses to “ごちゃごちゃ動きすぎとか”

  1. じんけ より:

    お初です。
    ですが、良くみてます。
    最後の「怒り声」はよくわかる。
    バスケにも仕事にも通じるところがあるなぁ。

  2. リーダー より:

    >じんけさん

    じんけさんからコメントがいただけるとは。

    バスケを見ると普段の生活が見えるような気がします。
    全部つながってるんですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ