スクリーンでズレを作る

先日の練習での3対3にて。家庭崩壊の危機を乗り越えた男の提案で「スクリーンによってズレを作る」ということを意識して3対3をしました。

一回のスクリーンでダメでも、連続でスクリーンをかけにいく。これができるとかなり気持ちのいいプレー(全員がからむプレー)で点が取れる。

私とチノ氏が出ていたときは非常によくスクリーンがかかってノーマークが作れた。ディフェンスは遅れてくるから1対1も簡単に決まる。

しかし、私とタケハラとヤマザキというメンバーになったとたんにスクリーンがかからなくなった。これはなぜか。

私とチノ氏の場合、スクリーンをかける場合もかけられる場合も「待つ」ことができていた。スクリーンをかけた状態で味方が動き出すまで待つ。スクリーンをかけられた状態で、ディフェンスがひっかかるタイミングまで「待って」から動き出す。

「間」をうまく作れていた。だからディフェンスがスクリーンがひっかかった。

でもタケハラとヤマザキは待てなかった。味方がスクリーンに行ってもスクリーンがセットされる前に動き出してしまう。だからなんとなくスクリーンが流れてしまう。すぐに動いてはいけないんだよ。ディフェンスの状態をよく観察して、ひっかかるタイミングで動き出さなきゃいけない。

動き出すのが早すぎるから、「ダメだったら連続してスクリーン」ができなくなった。動くタイミングが早すぎて次の動きが追いつかなくなる。そしてどんどんリズムは悪くなって結局1対1をする羽目に。

スクリーンはかける人のタイミングの取り方も重要だけど、かけられる人の動き方もすごく重要なんだ。まず、完全にセットされるまで動き出してはいけない。そして、スクリナーの方向を見てはいけない。

動き出すときは「引っ掛けるように」動かなきゃいけない。肩と肩がぶつかるように動くというのは基本として、フェイクを使ったり、わざと動き出しのタイミングを遅らせたりして、スクリーンがかかる状況を作り出してから動き出さなきゃいけない。

急いで動く必要はない。急ぐとかからない。一回一回順番にきちんとやればいい。連続でやっていれば必ずひっかかるタイミングができる。一回ズレができれば、そのあとは簡単にズレを作ることができる。

スクリーンがかかってディフェンスが遅れた状態(ノーマークの状態)になると、スクリーンに関係ない他のディフェンスもヘルプのためにそっちに注目することになる。するとパスが出たところ(スクリーンでディフェンスが遅れているところ)とは逆のところで簡単にバックスクリーンがかかる。ズレがズレを生むというわけ。

まぁこれはたくさん練習しないと身につかないだろうと思うので、次回の練習からも意識的にやっていきたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ