ディフェンスが動けないわずかなタイミング

ディフェンスには「動けないタイミング」があります。じょーがシューターとしてすごいなと思うのは、そのほんのわずかなタイミングを狙って、しかも安定したシュートがうてるからです。パスを受ける前にしっかり準備していることと、コンパクトなシュート動作がそれを可能にしていると感じます。

今まで「ディフェンスが動けないタイミング」でパスを出していても、そのままシュートをうってそれを決められる人はいませんでした。うてるはずなんです。目の前のディフェンスはパスによってタイミングが外されて、遅れて動いてきている状態なので。

でもレシーバーが準備していなかったり、シュート動作が遅すぎるためにシュートがうてないことがほとんどでした。みんなパスを受けてからすぐドリブルをつくんだよね。バランスを整えるために。準備していないからそういうことになるんだよね。ドリブルついてからシュートだと遅い。

じょーと私が組むと、パス一本でじょーがシュートを決めるという場面が多いです。お互いに狙っているんです。あのタイミングでパス。あのタイミングでシュート。たとえ近くにディフェンスがいても、タイミングが外されているので満足に動けません。

全員同じことができるとは思わないけど、そういうタイミングがあるってことを意識してみるともっと違ったプレーができるようになるかもしれない。相手がゾーンのときとか、このタイミングが必要になってくるんだよね。

じゃがりこたこ焼き味の中身
目の前にオクト、パスできないおいしさ♪

スポンサーリンク

2 Responses to “ディフェンスが動けないわずかなタイミング”

  1. たけし より:

    目の前にオクト、パスできないおいしさ♪

    今週木曜日どっかでバスケやってますか?!

  2. リーダー より:

    >たけし

    亀田西中でバスケするよ。来るならジョーを乗せてきてほしいわ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ