通じるもの

どうも。昨日デジカメを体育館の入り口に落として帰ってきて、夜中に取りに行ってきました。アホでした。無くなっていなくてよかったです。

「通じるものがある」と感じる人がいるわけです。そういう人とチームが組めると気持ちよくプレーできるわけです。それは何なのかってずっと考え続けているわけです。

うまい人って、他のチームの練習にいっても、そのチームのうまい人といきなり合わせのプレーをしたりするわけです。それは「通じるもの」があるからなんです。

その「通じるもの」を言語化できれば、メンバー全員に伝えられる。でも、それがなかなか難しいわけです。一つじゃないんです。いろいろあるんです。

「通じるもの」の一つに、「ディフェンスの状態をよく見ている」というものがあります。スピードまかせで抜くのではない。パワーでごり押すのではない。ディフェンスの状態をよく観察して、それに合わせてプレーしているわけです。

目の前にいるディフェンスの状態を観察することができる人は多いですが、5対5の状況で、自分をマークしている以外のディフェンスの状態を意識できる人は少ないと感じています。

そして予備動作の多いパス、予備動作の多いドリブル、予備動作の多いシュート。そうか、無駄な動きが多いのか。私も自分の動作に無駄が多いことで頭を悩ませています。

今回の記事はうんこ記事決定だな(笑)

じゃがりこたこ焼き味

とうげが大坂土産にじゃがりこたこ焼き味を買ってきてくれました。ちなみに私はまだ食べていません。やっさんの車に積まれているはず・・。

スポンサーリンク

One Response to “通じるもの”

  1. とうげ より:

    ほんといろいろありがとうございます!
    やっさんに食べられてなければいいですね!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ