同じことをやっているようでやれていない

珍しく二つ目のエントリー。どうも同じレベルでバスケットボールができていない感じというか、気持よく意思疎通がはかれていないというか、そういう感じがしている。同じような感覚でプレーできないというか、同じリズムでプレーできないというか。タイミングのズレなんだろうか。合わせるべきなのはきっと私のほうだし、合わせられない私が悪いのだけど。これはボールに触れないとかシュートがうてないとか、そういうフラストレーションとはまた違う。バスケをしているのに、バスケになっていないという感覚。

スポンサーリンク

文句だけ言ってもどうしようもないので、リズムというか、タイミングのズレに関する解決策を考えてみたいと思います。

ミートから。写真はべんぞうさんがパスを受けるシーン。

べんぞうミート

一応言っておくけど、たまたまわかりやすい写真がべんぞうさんだっただけで、べんぞうさんだけが悪いのではありません。べんぞうさんはむしろ合わせやすいほうの人だし。他の人たちにも当てはまることだと思って読んでほしいです。

写真のシーンでは、このあと両足で着地して、次のタイミングで足を引き寄せるようにしてシュートフェイクをする。そのあとシュートをうつこともなく、ドライブすることもなく、シュートフェイクの姿勢から徐々に体が伸びきっていき、動きもゆっくりになってパスするところを探す。

例えば、最初のミートが両足のジャンプミートで、「足を引き寄せる」という動作をすること無く、そのままシュート体勢になったとしたら、次の動きも早いタイミングで行うことができる。当然、早いタイミングのほうがチャンスは多くなる。でも、無駄なステップがあることで、そのタイミングをのがしてしまう。

その、ムダな一歩があることでディフェンスが崩せない、という場面が多いかな。次のパスのタイミングも遅れてしまう。

そんな感じの曖昧なミートをはじめからしようとしているから、最初の着地でバランスを取ろうとせずに、バランスが悪いままキャッチしてしまう。そしてドリブルをついてバランスを取ろうとする。これが「ムダなドリブル」につながるわけです。

シュートフェイクをするにしても、体が簡単に伸びきってしまうから、次の動作をするときにいったん沈み込まないといけない。例えば伸びきった状態でパスしようとすると、頭の上からの力のないパスになってスティールされてしまうから。でもその予備動作があることで、ディフェンスが崩れなかったりする。

スポンサーリンク

次に、パスのスピード。上記のようなことがあってパスのタイミングが遅れているんだけど、パススピード自体も遅い。例えば、スタートの選手の中ではまもさんのパスが結構ゆるい。まもさんの場合は速いパスが出せないのではなくて、速いパスを出そうという意識が持てていないだけのような気がする。パスでズレを作るというイメージがあまりないのかもしれない。

みんなで、もっと速いパスが出せるように練習していきましょう。鋭いパスじゃないと試合では使えないからね。腕で押し出すだけじゃなくて、手首ではじき出す感じ。力を込めるんじゃなくて、腕や手首の動きを速くする。自分が押し出すというよりも、ボールが高速で一直線に移動していくイメージを持って。自分が投げた次の瞬間には相手の手元にあるようなそんな感じで。言葉で言うほど簡単じゃないけど、できるように練習していこう。

それと、動きながら周りを見ることができていない点がまだまだ改善されておらず、これもリズムを狂わす大きな要因になっている。自分がボールをキャッチして、それからパスする先を探しているようだと、パスで相手を崩すことは難しくなる。

例えば、ワンタッチのパスなんかはディフェンスを簡単に崩せるけど、それはボールをもらうために動いているそのときからどこに誰がいて、どこがあいてるかってのを見ているから成功するんだよね。ボールをもらう動きをするときに、ボールしか見てないとそういうことができない。意識をボールから離してしまう勇気だね。ボールの位置なんて見なくてもわかってるんだから、そこだけを見ている必要はないんだよね。(目を離してもいい)

ドライブからのアシストもほとんどないけど、これは顔が下を向いていることが原因かな。ドライブするときに上半身を倒しすぎていて、顔がどうしても下の方を向いてしまう。いくら顔をあげようとしても、上半身が倒れていたら難しい。で、周りが見えるようになるのは、レイアップステップをして顔を上げたそのとき。そこからパスする相手を探しても遅いんだよね。止まれないから。

味方が近くにいるときは見えてることもある。でも、近くにパスしたってディフェンスは崩れないからね。ある程度距離で、鋭いパスを通すとディフェンスを崩すことができる。

と、いろいろ書いてみたけど、単純に技術が未熟なだけだということわかった。リズムが合わないと感じるのは、こまかい技術の質の差が積み重なった結果、大きなズレが生じているからだ。改善しないといけないことはたくさんありすぎるけど、私も一緒に練習しながら少しずつ良くしていきたいです。

スポンサーリンク

2 Responses to “同じことをやっているようでやれていない”

  1. より:

    こんばんは!
    リーダーさんの日記は、私の日記とは違って、すごく具体的で、ポイントが分かりやすいですよね!
    そして、リーダーさんがおっしゃっていることが私のチームにも当てはまったりして、とても勉強になります。
    また、お手合わせお願いします!
    では、お互い市民戦頑張りましょう!!!

  2. リーダー より:

    >陸さん

    コメントありがとうございます。いやいや、陸さんの日記も面白いですよ(笑)楽しませていただいています。うちのチームのメンバーも何人かチェックしているみたいです。

    こちらこそまたお願いします。市民戦頑張りましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ