動き方を見るなら細切れで

暑くなってきました。天気予報によると今日の最高気温は29度らしいです。夏はどんだけ暑くなるのか・・。体育館変わってよかったかもしれないですね。夏の内野中はジゴクだから。

変なタイガ

日曜の練習。いそっちが今までにない行動をしていました。それは、ゲームに出ていない時にフロアの選手の動きをよく見るという行動です。前のめりになって見ていたのでWARAさんに姿勢が変だとつっこまれていましたが、この行動はなかなかナイスだなと思ったわけです。変わろうという気持ちが見て取れる行動でした。

人の動きを邪魔してしまうことが多いので、どうやって動けばいいか研究しようという作戦です。たぶん。そうじゃなかったら今日の記事は意味を成さなくなるので、そういうことにしてください。

あとあと考えてみたのですが、たぶんあのまま見てても何もわからないだろうなと思いました。なぜかというと、たぶん明確な目的がなかっただろうからです。もし明確な目的があったのなら今日の記事は意味を、以下略。

例えば、自分よりも動きの速い選手にきついディナイをされてしまったときにどう動けばいいんだろう、というような具体的な研究の目的があれば、同じような状況に陥っている選手の動きを観察することでピンポイントで答えを得ることができます。

でも「邪魔しないようにするにはどうすればいいのか」とか「どういう動き方をすればいいのか」といった具体性にかける目的では、見てもぼんやりとしか答えが得られません。邪魔しないようにするために必要なこと、よい動き方をするために必要なことは山ほどあるからです。

なので、「バックコートからフロントコートに入った直後はどういう動きをするのか」とか、「45度の位置でボールをもらったらどういう動きをするのか」とか、「ボールとは逆サイドにいるときはどういう動きをするのか」とか、「後ろからガードが遅れてボールを運んでくるときはどういう動きをするのか」とか、できるだけ動きを細かく区切って、そのポイントだけを見るようにするといいと思います。そして見たことは自分でも真似してみる。見る→真似する→できるようになる→次の課題を見る→真似する→できるようになるという感じになるといいんじゃないでしょうか。

他の人もそういう感じで、他人の動きを見ることができると、いろいろ発見できると思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ