チノさんに遭遇

昨日、三条リーグの試合会場で超久しぶりにチノさんと遭遇しました。全然変わってなかったです。

TBKさんのリバウンド

試合時間が同じでプレーはあまり見れなかったですが、試合後に少し話をすることができました。長岡に引っ越してからもバスケは続けているとのこと。ここも見てくれているらしく、練習場所が変わったことなど最近のホーネット事情にもなかなか詳しかったです。一緒に写真撮ってくればよかった。

夜の練習はBチームに全く歯が立たなかったという感じでした。運動量に致命的な差があって、スクリーンもうまくかからない(自分が動けなかったのでムービングスクリーンをしまくってしまいました)。運動量を増やさなければいけないのはもちろんのこと、ボールだけじゃなくてディフェンスの様子ももっとよく観察して、他の味方のディフェンスがボールの方向に意識を向けた瞬間に裏からスクリーンをかけにいくとか、そういうところの精度を高めていかないといけないですね。

一個目の動きでどうにもできなかったら、その一つ前にフェイクの動きを作る。それでも足りなかったら、さらにもう一つ前にフェイクの動きを作る。例えば、自分がボールに近づいてボールを受ける動きをしても反応されるのであれば、スクリーンをかけるふりをしてからボールを受けに移動する、それもダメな場合は、カットインを狙っているふりをして、逆サイドにきれたときにスクリーンをかけるふりをして、それからもらう。そんな感じでいろいろと工夫していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ