ボールを持つ前に周りを見ておく

みんな一生懸命走っている中、一人何かに向かって土下座するいそっち。
土下座いそっち

「ボールを持つ前に周りを見ておく」

これさえできていれば、走る、止まる、跳ぶなどの基礎動作の質が低くても、そこそこ良いプレーができるし、それなりに人とからみながら戦える。逆にこれができないと、他人と自分とのプレーのつながりがなくなり、バスケットのレベルがかなり低くなってしまう。単発のオフェンス、バラバラなオフェンスが多いのはここが原因であることが多い。ボールを持ってから周りを見ているので、そこでリズムが途切れてしまうのだ(ボールを持つ前に回りが見えていればリズムを崩さずボールを動かすことができる)。

最近気がついたのは「見ていないわけではない」可能性があるということ。ボールを持つ前に周りは見ている。意識して「見ている」のではなく「目に入っている」という感じ。ここまでは「ボールを持つ前に周りを見ている人」も「ボールを持ってから周りを見る人」も同じ。

目に入っていれば短期的には記憶に残っていて、「ボールを持つ前に周りが見えている人」は、ボールを持った時は違う方向を見ていたとしてもその記憶をたよりに他の場所の状況を頭の中で予測できている。だから次のプレーの準備をしながらキャッチできるし、見た瞬間に反応してパスを出したりできる。

でも「ボールを持ってから周りを見る人」は、ボールを持った瞬間に直前まで見ていたフロアの記憶をリセットしてしまうようだ。ボールに意識が向きすぎなのか。

続・・きそう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ