狭い範囲での動き、動かないという選択

いつかの記事の続きです。

シロメジャンプシュート

「狭い範囲でしか動いていない」のは「自分がボールを持った時、積極的に攻めることができる位置がリングに近い位置」ということだと思います。その範囲をちょっとずつ広げていければ、自分が動く範囲も自然と広がってくるのではないでしょうか。シュートレンジをのばすことや、ドライブの技術を磨くこと、ドリブルで仕掛けることなど、よりフォワード・ガード寄りの技術を練習するといいかもしれません。体育館に来れないときはエアドライブとかエアドリブルとかでもいいと思います。ちょっと恥ずかしいですけど(笑)

それと、運動量を増やしてたくさん動けるようにならなければいけないのは間違いないんですが、「動かない」という選択もできるようになるともっと良くなると思います。

アウトサイドの選手が1対1をしかけている時に合わせの動きができないパターンが結構あって、特にディフェンスや周りの選手のタイミングを外して動き出すような選手の場合に、自分もタイミングを外されて動けなくなってしまっていることが多いです。

そうならないために、いつでも動き出せる準備をしながら、動かずに、その時を待つ。

ディフェンスの動きやスペース、ボールを持った選手の様子を注意深く観察していると、1対1が来そうな場面はなんとなくわかると思います。そしてディフェンスが寄った瞬間(自分から目を離した瞬間)に合わせる。ディフェンスは動いている人に反応しやすいですから、自分は動かないで他の味方に1対1をさせ、そっちにディフェンスの意識が移った瞬間に少し場所を移動してパスを受けてシュートをするというイメージです。

この動きがうまい人は守るのがかなり大変です。目が離せないからヘルプに行けないし、でもヘルプに行かないと1対1で点が取られるし、でもヘルプにいったら合わせられるし。狙ってできるようになったら、得点がかなり伸びると思います。

スポンサーリンク

2 Responses to “狭い範囲での動き、動かないという選択”

  1. より:

    なるほど!なるほど!なるほどぉぉぉ!!!と唸りながら、この記事を読ませて(&大事なところを手帳に書き書き)いただきました。

    うちのチームは、合わせの部分がまだまだできていないと思います。1対1の強い選手は多いので、合わせができるようになると、もっと楽に点を重ねることができそうですよね!合わせの上手いリバウンド職人・・・なんかカッコいい響きですね!

    よーし、明日から会社でエア合わせの練習しようっと(*´∀`)♪

    • リーダー より:

      >陸さん
      >うちのチームは、合わせの部分がまだまだできていないと思います。

      そうですよね。うまい人は簡単に、軽く動いて合わせてきます。あの感じで合わせができるようにしたいです。合わせる方も合わせられる方もディフェンスをギリギリまでよく見てて動き出してる感じ。私もこっそり場所を移動したりする練習をエアでしてみようと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ