スクリーンの話

スクリーンしか狙ってないとディフェンスにばれてうまくいかないので、スクリーンをかけるふりをして自分がボールをもらうという動きができるともっと良くなると思います。スクリーンをかけようとするとディフェンスの動きが止まるので、スクリーンがかかっていなかったとしてもその瞬間に外に開けばパスがもらえたりします(こういう動きはディフェンスの後ろからスクリーンをかける時にしやすいです)。

自分がボールをもらって攻めるということを一番に考えたい。それが一番だけど、スクリーンを使ったらもっと簡単に攻めることができるんじゃないかってことでスクリーン、という流れです。最初からスクリーンだけが目的になってしまうとなかなかひっかからなくなります。スクリーンをかけにいくのか、自分でもらいにいくのか。そういうところでもディフェンスを惑わせたいし、後ろからかけるスクリーンには「俺がボールつなぐから(ボール持って攻めるから)とりあえずお前いなくなれ」という意味もちょっとだけあります。

また、「何をすればいいかわからないからとりあえずスクリーン」という動きは良くないので、何をすればいいかわからないときはとりあえず邪魔にならない場所に移動して状況をもう一度観察しなおしてみるといいです。周りの動きのリズムに自分がついていけていないと「何をすればいいかわからない」となりやすいので、改めて外側から見ることで自分が絡めそうなタイミングを探します。だいたい他の選手が1対1をするので、それに合わせて動くと良いです。先に自分が動いちゃうと合わせるのもなかなか難しくなります。

続く・・かもしれないし続かないかもしれない。

スポンサーリンク

2 Responses to “スクリーンの話”

  1. より:

    スクリーンの解説ありがとうございます!読んだだけで、なんかバスケが上手くなったような気がしますね(笑)

    うわぁ、早く練習で試したいです!

    こうなりゃ、会社でこっそりエアスクリーンするか・・・スクリーンをかけるふりして貰いに行く動きとか・・・これは他の従業員に見られたくないな(笑)

    • リーダー より:

      >陸さん
      スクリーンっていろいろかけかたがあるんですが、急にスクリーンをかけたり、スクリーンすると見せかけて急に外に開いたりカットインしたりっていう、相手をだます要素がないとなかなか難しいんですよね。

      「どうやってかけるか」ということも大事なんですけど、「どのタイミングでかけるか」ということも大事で、・・むしろそっちのほうが大事かもしれません。あと接触の仕方とかもいろいろあるし。奥が深いです。

      エアスクリーンの意味のわからなさはきっと半端ないですね(笑)

      >みなさん
      「合わせて読んだほうがいい記事」に表示されてる記事も大事そうなことが書かれてるので、ぜひ読んでください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ